【失敗しない】週末起業の始め方!成功するアイデアとポイントを解説

【失敗しない】週末起業の始め方!成功するアイデアとポイントを解説

働き方改革や副業解禁などにより、週末起業という新しい起業スタイルが注目を浴びています。

多様なワークスタイルが浸透する中で、「週末起業に興味がある」「週末起業に挑戦してみたい」と感じているサラリーマンの方も多いのではないでしょうか。

しかし、「週末起業に失敗したらどうしよう」という懸念を抱いている方もいるはず。

そこで本記事では、失敗しない週末起業の始め方として、成功するために必要なアイデアとポイントを徹底解説します。

 

週末起業とは

週末起業とは、会社員などの本業をやめずに、空いた時間や土日などの休みを使って、副収入を得るワークスタイルを指します。

本業を継続しながら副収入を得るワークスタイルは、一見すると副業と変わりがないように見えますが、週末起業は自分で新たに事業を起こす点が異なるといえるでしょう。

つまり、週末起業は収入を得るための仕組みやアイデアを自分で考え、実践していくワークスタイルなのです。

 

週末起業の3つのメリット

本業を続けながらできる、週末起業ならではのメリットがあります。メリットを知ることで週末起業がいかに現実的なワークスタイルなのか理解できるでしょう。

1.会社をやめずに起業に挑戦できる

通常、「起業」と聞くと、会社をやめて挑戦するイメージがあるかと思います。しかし、週末起業は会社勤めを継続しながら、起業に挑戦できるのが特徴です。

会社から給与をもらいながら、土日などの週末や空いた時間を有効活用して、自分のペースでコツコツと事業を展開できます。

2.失敗してもリスクが少ない

起業に失敗してもリスクが少ない点もメリットです。本業の安定した収入があるため、失敗しても経済的にすぐに困ることにはなりません

一度起業に失敗したとしても、原因と対策を講じて、週末起業に再挑戦することも十分検討できます。

3.本業のキャリアアップや独立に結びつく

週末起業で手に入れた経験や知識、人脈などを本業に活かして、自分自身のキャリアップにつなげることも可能です。

キャリアップしながら週末起業の事業を大きく展開して、会社からの独立も目指せるでしょう。

 

週末起業の3つのデメリット

週末起業には、メリットだけではなくデメリットもあります。デメリットをしっかりとおさえて、週末起業に備えてください。

1.時間が限られている

週末起業は、本業以外の時間を活用するので、使える時間が限られてきます。そのため、今までは趣味や遊びなどに使っていた時間を週末起業のためにあてる必要があるのです。

睡眠時間を割く場合は、体調管理が難しくなるかもしれないので注意しましょう。

2.確定申告が必要になる

週末起業からの収入が20万以上を超えると、確定申告が必要になります。

自分自身で確定申告をする場合は不慣れなことも多く、手続きが煩雑になる可能性があるので、早い段階から準備をしておいた方が良いでしょう。

3.週末起業が忙しくなると本業に影響する可能性がある

週末起業に力を入れるあまりに、本業がおろそかになってしまう恐れがあります。

週末起業は自分で事業を展開する楽しみがあり、ついつい没頭してしまうこともありますが、本業ありきである点を忘れないでください。

週末起業と本業のバランスを保った状態の維持が、確実な収入アップや今後の独立につながるという意識を持つことが大切です。

 

週末起業に必要な3つのステップ

週末起業を始めるにあたって、必要なステップがあります。失敗しないために事前に流れを把握して、しっかりと週末起業の準備を進めましょう。

1.アイデアを出す

週末起業で最初に考えるべきことは、事業内容の考案です。事業内容のアイデアとしては、自分の好きなことや興味があること、これまでキャリアとして経験のある内容を活かしたものが考えられます。

お金になりそうだからと、全く興味がないことや未経験の分野を週末起業の事業内容にするのは得策ではありません。

週末起業を成功に導くためには、興味や経験があり、世間からニーズのある事業内容をアイデアとして考え出す必要性があります。

2.事業計画を立てる

事業内容が決まれば、次に必要となってくるのが事業計画の策定です。リスクが低いことが週末起業の特徴ですが、始めるにあたり初期費用や当面の運転資金などが必要になってきます。

そのため、失敗せずに事業を収益化するには、起業前からしっかりとした事業計画を立てるのが必須です。

自己資金の確保や融資の有無、必要経費の把握、目標とする収益額や独立の時期などの「短・中・長期的なビジョン」を持たなければなりません。

ビジョンを具体化した事業計画によって、週末起業の成功率は格段に上がります。自分のやりたいことと置かれている環境を考え合わせて、無理のない範囲で現実的な計画を立てましょう。

3.開業届の提出

事業計画ができれば、開業届を提出します。ただ、開業届を提出しなくても週末起業を始めること自体は可能です。なぜなら、未提出でも特に罰則などが設けられていないためです。しかし、開業届を提出することで、得られるメリットもあるので必ず行いましょう

飲食店やリサイクルショップなど、事業内容によっては始める際に許認可や免許が必要な業種も。許認可の手続きなどを済ませずに事業を始めてしまうと、場合によっては罰則が科されることもあるのでご注意ください。

開業届の提出により個人事業主として確定申告をしなくてはいけませんが、その際に得られる大きなメリットとして節税があげられます。

確定申告の際に、事業所得として青色申告を選択すると、青色申告特別控除を受けられます。青色申告特別控除は、控除額が最大で10万円と65万円の2種類です。

控除を受けるためには複式簿記での記帳など、満たすべき要件があるので、支出の管理を普段から正確に記録しておくのがおすすめです。

開業届を提出するもう1つのメリットは、損益通算が可能になることです。損益通算では所得税や住民税の計算時に、本業の給与所得と損益を合算できます。そのため、週末起業で赤字が出た場合、本業である給与所得と赤字を相殺し、所得税を還付することができるのです。

 

週末起業におすすめの職種

週末起業に向いているおすすめの事業内容はたくさんあります。ここでは、様々なジャンルの事業内容を紹介するので、ぜひ週末起業のアイデアの1つとして参考にしてください。

物販

物販の方法として、転売せどりがあげられます。転売やせどりは商品を安く仕入れて、高く売ることで利益を得るシンプルな内容なので、特別なスキルは必要ありません。

ノウハウが確立されているため比較的取り組みやすく、少額であれば最初から収益につながる可能性のあるビジネスモデルです。

一方で、商品を仕入れるためにある程度の初期費用が必要となり、在庫管理や梱包などの手間もあります。

また、物販ではネットショップを開いて、自分で洋服やアクセサリーなどを作成して販売する方法もあるでしょう。自分の商品という強みがあり、一定のファンを獲得できれば継続販売にもつながりやすいといえます。

ブログ、アフィリエイト

インターネットでブログを発信して、掲載した広告から収入を得る方法です。初期費用があまりかからないことが、ブログやアフィリエイトのメリットとしてあげられます。

そのため、参入障壁は低く、商品の在庫を持つ必要がないため、失敗したときのリスクが少ないともいえるでしょう。

デメリットとしては、収益が発生するまでに一定の期間がかかることがあげられます。収益発生までには、一般的に3ヵ月~6ヵ月ほどかかります。

また、収益化するためにはライティングスキルやSEO知識なども必須です。

YouTube

YouTubeで動画配信をするYouTuberも、週末起業に向いている職種といえるでしょう。平日の本業後の時間を使って動画を撮影できるので、時間の融通が利きやすいのがメリットです。

まずは興味のあることから始めて反応を見ながら内容を変えていったり、最初からニーズのあるジャンルに挑戦して撮影しながら知識を深めていったりする方法があります。

YouTubeでは、収益化までの条件が設定されています。収益化するには、自分自身のYouTubeチャンネルの直近12ヶ月の総再生時間が4,000時間以上、チャンネル登録者数が1,000人以上という2つの条件をクリアしなくてはいけません。

Webによる受託事業

Webによる受託事業は、インターネットの発展により最も好影響を受けているといっても過言ではありません。事業内容はアプリやシステムの開発、HP作成、Webライティングなど様々な種類があります。

アプリやシステムなどの開発を受託するためには、エンジニアとしての経験が求められる場合が多いので、未経験の方は向いていないかもしれません。興味がある方は一定の期間を設けて、エンジニアとして実績を積むと良いでしょう。

一方で、Webライティングであれば特別なスキルがなくても始めやすい傾向にあります。また、経験を積むことで受託単価を上げていくことが可能なので、未経験の方でも興味があれば挑戦してみてください。

コンサルタント

コンサルタントとは、相談相手に対して適切なアドバイスや解決方法を提示して、対価を得る職種です。今までに経験してきたキャリアを活かすには最適な週末起業でしょう。

コンサルタントのジャンルは多岐に渡ります。ある分野のジェネラリストとして総合的なコンサルティングをする総合コンサルタントや、特定の業務やサービス分野に特化した専門コンサルタント、ITシステムの専門知識を活かして業務改善などのシステムをサポートするシステムコンサルタントなど様々です。

自分の経験を活かしたジャンルで、コンサルタントとしての力を発揮してみるのも1つの手です。

不動産投資

不動産投資とは、購入した不動産物件を第三者に貸し出し、その家賃を利益として受け取る投資方法を主に指します。

家賃収入以外に、物件を売却した際の売却益がありますが、現在では高齢化社会が進む影響で空き家が多くなると予想されて、不動産の大きな価格上昇が期待できないため、物件売却益に関しては現実的ではないといえます。

これまでの職種とは異なり、物件の購入に関して初期費用が大きくかかる点が特徴といえます。一括購入以外にもローン購入や、複数オーナーによる運用などの方法もあります。

不動産投資には年金対策や税制上のメリットなどがあり、一定の知識と資金力があれば週末起業の1つとして考えられるでしょう。

空室や家賃滞納、住民間トラブルなどのリスクもあるので、信頼できる第三者機関との関係構築が重要です。

 

週末起業を成功させるために大切な3つのポイント

週末起業はリスクが低く、やり直しも検討できますが、できれば1度目で成功させたいところです。週末起業に失敗しないためには、把握しておくべき3つのポイントがあります。

この3つのポイントを知っているか否かで、あなたの週末起業の成功率が変わってくるかもしれないので、しっかりとポイントをおさえましょう。

1.ニーズがなくて時間がかかる事業を避ける

事業とは、人に必要とされて始めて成り立つので、世間から求められている事業を展開する必要性があります。

また、収益化までに時間がかかる事業は避けるのが無難といえるでしょう。人によって週末起業にかけられる時間は異なりますが、黒字までの期間が長期化すると、心身の疲弊や経済的な打撃を受けるリスクが高くなります。

週末起業を成功させるには、世間的にニーズがあり、収益化までに時間がかかり過ぎない事業アイデアを選択する力が重要なのです。

2.本業の収入を超えたら独立を検討する

週末起業で収入が発生したらすぐに独立するのではなく、実績を積み重ねながら、慎重に検討して独立するのが良いでしょう。

なぜなら、事業の将来性を考えてなかったり、収益が積み重なっていなかったりする状況で独立すると、今までの収支バランスが崩れて、生活の基盤がおびやかされる恐れがあるからです。

独立するタイミングは人それぞれですが、毎月の利益が本業の収入を超えるラインが1つの目安といえます。つまり、週末起業で本業の収入を超える利益があれば、現在の生活を維持できると考えられます。

ただ、独立して個人事業主となると、税金が天引きされた金額を支給される会社員と異なり、年金や税金の内容によって金額や支払い方法が変わるので、税金額も考慮したうえで現在の生活を維持できる金額を把握しておくのが現実的です。

事前に事業計画に盛り込み、適宜、軌道修正なども行いながら、自分にとってベストなタイミングで週末起業から個人事業主として独立しましょう。

3.家族や周りの方からの理解を得る

週末起業を成功させるには、あなたの周囲にいる方々の理解と協力が必要不可欠です。家族や友人、ビジネスパートナーとの良い協業関係がなければ、事業計画のゴールに到達することは難しくなるでしょう。

なぜなら、資金の調達や時間・場所の確保、独立してからの精神的な支えなど、週末起業に必要な要素は、決して一人だけで成し得るものではないからです。

 

週末起業は新しいワークスタイル

会社員として働きながら、人から必要とされる事業を新たに起こす週末起業。

失敗してもリスクが低く、自分が定めた目標に向かって空いた時間で始められる新しいワークスタイルといえるのではないでしょうか。

週末起業は、雇われるだけではない、多様な働き方が浸透しつつある現代に適した働き方といえるでしょう。

あなたも週末起業を始めて、その手で成功をつかんでみませんか。

 

執筆者 野本一貴

フリーランスの英日翻訳者、Webライターとして活動中。得意なジャンルは投資、クレジットカード、インバウンドなど。丁寧な翻訳、わかりやすいライティングを心がけています。

コラムカテゴリの最新記事