Webディレクターとはどのような仕事?必要なスキルから目指し方まで解説

Webディレクターとはどのような仕事?必要なスキルから目指し方まで解説

近年、オンラインでのWeb集客が重要となっており、集客手段の一つとなるWebコンテンツの重要性が上がってきました。こうしたWebコンテンツを統合的に管理しているのが「Webディレクター」です。

この記事を読んでいる方の中には、Webディレクターとして活躍していきたいと思っている方もいるのではないでしょうか。

しかし、「Webディレクターってどんな仕事をしてるの?」「必要なスキルってあるの?」と疑問に思う方も多いと思います。

そこで今回は、Webディレクターの業務内容や必要なスキル、平均年収、またWebディレクターになる方法について解説していきましょう。

 

Webディレクターとは

Webディレクターとは、Webコンテンツの制作から運営までを統合的に管理する職種です。

開発者の進捗具合やスケジュールを管理していくため、全体を把握できる人材でなければなりません。

たとえば、企業のホームページを制作するとしましょう。Webディレクターは、ホームページを制作するための人材確保からスケジュール作成、制作方法の計画から管理までをすべて実施していくのです。

Webディレクターをいきなり目指すのは難しく、まずは開発者として数年間経験した後に、Webディレクターへとジョブチェンジしていくパターンが多く見られます。

Webディレクターが担当する3つの業務とは

Webディレクターには、主に以下3つの業務があります。

  1. Webコンテンツの企画・提案
  2. プロジェクトの統合管理
  3. コンテンツの運用・管理

1.Webコンテンツの企画・提案

Webディレクターは、まず始めに企画の立案から始めていきます。

基本的にはクライアントから要望をヒアリングしていき、どのようなコンテンツを欲しているのか見極めるのが重要です。

新しいコンテンツを作成するだけではなく、現在あるコンテンツの改善を求められることもあるため、正しいヒアリングと課題解決力が求められます。

ヒアリングを実施した後には、実現するためのソリューションをクライアントへ提案していきます。提案後、クライアントから了承を得られればコンテンツ制作へと進めましょう。

2.プロジェクトの統合管理

コンテンツのイメージが固まった後は、リリースに向けてプロジェクトのスケジュールを細かく設定していきます。

スケジュールはギリギリに設定するのではなく、緊急のトラブルに備えてゆとりをもたせたスケジュールを組んでおくのが重要です。

実際にプロジェクトを開始してからは、日次・週次・月次のタイミングで進捗状況を確認していきます。このとき、進捗が遅れているメンバーとは密にコミュニケーションを図ることで、事前に遅れを検出しましょう。

最終的なリリースに間に合わせるためにも、日々コミュニケーションを密に取っていき、スケジュールの進捗状況を常に意識しておくのが重要なのです。

3.コンテンツの運用・管理

コンテンツ制作が完了すると、契約時の条件によって終わることもあれば、継続的な運用をしていくこともあります。

継続的な運用をする場合は、コンテンツへ集客するための施策を打ち出すこともあれば、定期的なコンテンツのアップロード作業に取り組むこともあるでしょう。

Webディレクターに求められる3つのスキル

Webディレクターには、以下3つのスキルが求められます。

  1. マネジメントスキル
  2. コミュニケーションスキル
  3. コンテンツに関する知識

1.マネジメントスキル

Webディレクターは、サービスのリリースまでにコンテンツ制作を完了させることがミッションとなるため、プロジェクトをマネジメントする力が求められます。

場合によっては、一つの案件だけではなく複数のプロジェクトを担当する場合もあるため、並行して管理する能力も必要です。

プロジェクトの進捗についてはこまめに確認していき、間に合わないとわかった段階で早めにアラートをあげましょう。早めであればあるほど遅れを取り戻しやすいため、最終的なリリースに間に合わせることができます。

2.コミュニケーションスキル

Webディレクターはクライアントやメンバーとやりとりをするため、コミュニケーションスキルが求められる職種です。

クライアントに対しては、相手の要望を正確にヒアリングするための能力や伝える力が求められます。

プロジェクトのメンバーに対しては、チームの士気を保ちながら全体のタスクの進捗状況を把握する必要があります。

3.コンテンツに関する知識

Webディレクターはプロジェクトを管理する立場ではあるものの、的確な指示を出すためにもWebコンテンツに関する知識を身につけておく必要があります。

たとえば、プログラミングスキルやWebマーケティングの知識、他にもWebライターの知識やデザイナーに関する知識などです。

コンテンツに関する知識をもっておくことで、メンバーが担当している業務内容も把握しやすくなるため、現場の状況を理解しやすくなります。

Webディレクターの平均年収は493万円

2022年1月に算出された「求人ボックスの給料ナビ」によると、Webディレクターの平均年収は約493万円でした。

Webディレクターは、マネジメントスキルからコンテンツスキルまで幅広く求められているため、日本の平均年収と比べて高い傾向にあります。

Webディレクターへ転職する方法

Webディレクターへ転職するためには、以下3つの方法が考えられます。

  1. 転職サイトやエージェントに登録する
  2. SNSで営業する
  3. 企業へ直接営業する

1.転職サイトやエージェントに登録する

転職サイトやエージェントに登録することで、自身の条件に合った求人を見つけられたり、紹介してもらえたりすることがあります。

転職サイトやエージェントは、媒体によって得意としている業界が異なるため、Webに特化した媒体を選択するのがおすすめです。

また、エージェントの場合は転職先を紹介してくれるため、働きながら転職活動を進める場合には活用したいところです。

2.SNSで営業する

SNS上でWebディレクターを募集している場合もあるので、気になる案件があったときには直接連絡をするのもおすすめです。

たとえば、Twitterで探すときには「Webディレクター 募集」などで検索し、タグ付けされているツイートから直接コンタクトを取っていきます。

ただし、多くの案件はWebに関する何らかの業務経験を必要としているため、自身のスキルを証明しながら営業をかけていきましょう。

3.企業へ直接営業する

Webディレクターを募集している企業もあるため、お問い合わせフォームなどから連絡するのも1つの手です。

直接営業する場合には、経験者を必須としている可能性が高いため、未経験だと難しい傾向にあります。

ただし、今までの業務経験を上手く活かせるとアピールできれば、未経験でも採用してくれるかもしれません。

Webディレクターはプロジェクト全体を管理する職種である

今回は、Webディレクターについて解説しました。

Webディレクターは、Webコンテンツ制作に関する企画の立案から管理、運用までを幅広く担当する職種であるため、さまざまなスキルが求められます。

これからWebディレクターを目指す方は、今回紹介した転職の方法を参考にして進めてみてはいかがでしょうか。

 

 

執筆者 Yukki

Yukkiさんプロフィール大学卒業後、第一地銀、外資系コンサルに勤務し、現在はエンジニア業務をこなしながらライター業にも従事。取り扱うテーマは、これまで勤務経験のあるテクノロジー領域を中心に発信。これまでの専門性を活かした読者のみなさまに貢献できるような内容を積極的に取り上げていきたい。

コラムカテゴリの最新記事