サラリーマン以外の生き方とは?会社に縛られない方法を徹底解説!

サラリーマン以外の生き方とは?会社に縛られない方法を徹底解説!

現代の日本では「終身雇用制度の崩壊」や「働き方改革」などで、サラリーマンだけではない、多様なワークスタイルが浸透してきています。

そんな中、会社に勤めずにサラリーマン以外の生き方を模索している方が増えてきているのではないでしょうか。

とはいえ、「会社に勤めずに本当に生活していけるのか」「一体どのような方法があるのかよくわからない」などの不安や疑問を抱えている方も多いでしょう。

そこで本記事では、サラリーマン以外の3つの生き方や、きちんと生計を立てていくための方法について徹底解説していきます。

本記事を通してサラリーマン以外の生き方を知り、自由な人生を手に入れるための参考にしてください。

 

サラリーマン以外の3つの生き方

サラリーマン以外の生き方は世の中にたくさんありますが、今回は3つ厳選してご紹介します。まずは、会社勤めだけではない、様々なライフスタイルを知ることで、選択肢を増やしていきましょう。

フリーランスになる

フリーランスとは、特定の会社や組織などに所属せず、業務に応じてクライアントと契約して仕事を請け負う働き方を指します。

Webライターやデザイナー、ITエンジニア、動画制作、カメラマンなど業種は多岐にわたります。一定のスキルが必要とされ、仕事を自分で獲得する営業力も欠かせません。

フリーランスはスキルを磨きながら収入アップを目指せるため、サラリーマンと比べて自由度の高い働き方ができるなどの特徴があり、これからの時代に合ったワークスタイルとして注目を集めています。

フリーターになる

高収入を求めていないのであれば、フリーターも1つの選択肢として考えられます。フリーターは「長時間労働になりにくい」「責任が比較的軽い傾向にあるため精神的な負担が少ない」など、サラリーマンよりも自由な働き方を実現することが可能です。

ただ、景気の動向によって雇用を調整されやすく、サラリーマンよりも収益が安定しない、福利厚生が充実していないなどの不安定な側面もあります。

マイナス面はあるものの、フリーターは自分の時間を確保したり、やりたいことを優先したり、自分にあったライフスタイルを模索したりなど、自分と向き合いながらサラリーマンとは違った生き方を実現できるでしょう。

定職に就かない

「ニートになる」「定職に就かない」と聞くとマイナスイメージを持つかもしれませんが、サラリーマン以外の生き方の1つとして、知っておいて損はないです。

もし心身ともに疲れているのであれば、無理に定職に就くよりは、人生をリセットするのも決して悪いことではありません。

どうしても仕事をすることが難しい方は、次のステップに向けて自分の人生をじっくりと見つめ直す時間を作ってみてはいかがでしょうか。

 

サラリーマン以外の生き方のメリット・デメリット

サラリーマン以外の生き方には、メリットもあればデメリットもあります。両方をしっかりとおさえて、自分自身に適したライフスタイルを検討してみてください。

サラリーマン以外で生きていく5つのメリット

メリットとして、以下の5つが挙げられます。

1.自由な時間に働ける

サラリーマンは就業時間が拘束されますが、フリーターであれば、ある程度はシフトの融通が利くため、働く時間の自由度が上がります。

フリーランスの場合は、自分で仕事のスケジュールを管理できるため、無駄な会議やミーティングなども少なく、働く時間の自由度はフリーターよりもさらに上がります

2.働く場所の自由度が上がる

サラリーマンは、決まった勤務先へ公共交通機関やマイカーで通勤することが一般的です。フリーターもサラリーマンと同様、勤務先の場所に制約が発生するかもしれません。

フリーランスの場合は、Webに特化した仕事内容であれば、自宅やカフェ、旅行先など働く場所を選ばず、通勤もないという自由さが魅力です。どこでも仕事ができることは、フリーランスの特権といえるでしょう。

3.人間関係のわずらわしさを軽減できる

サラリーマンは仕事上、どうしても面倒な人間関係が発生します。高圧的な上司や気が合わない同僚、無駄な飲み会などは、ストレスの要因といっても過言ではないでしょう。

フリーターとして接客業で働いている場合も、このようなわずらわしさはあるはずです。

しかし、フリーランスであれば、気が合わない上司や同僚と無理に同じ職場で働かなくて良いため、ストレスの少ない仕事環境が成立しやすい特徴があります。

4.スキルを磨いて収入アップが見込める

サラリーマンは、年功や序列によって収入額や収入の上がり幅がほぼ決まっており、必ずしも本人の能力や努力に見合った収入をもらえない一面があります。同様に、フリーターも収入の上がり幅は少ないといって良いでしょう。

それに比べてフリーランスは、スキルアップを通じて単価を上げられます。つまり、能力に応じて収入を大幅にアップさせることが可能なのです。

5.精神的な余裕ができる

フリーランスは働く時間と場所の自由度、わずらわしい人間関係の減少、スキルアップによる収入増など、サラリーマンと比べると比較的フレキシブルな働き方ができます。

自由がきく働き方の実現により、精神的な余裕が生まれたり、クオリティ・オブ・ライフが上がったりするなどのメリットがあるのです

サラリーマン以外で生きていく3つのデメリット

デメリットとして、以下の3つが挙げられます。

1.収入が不安定になる

サラリーマンであれば毎月決まった基本給を得られますが、フリーランスやフリーターは契約した仕事をこなして初めて収入を得るので、毎月決まった収入が保証されているわけではありません。

そのため、働く日数が希望よりも少なかったり、体調不良や急用などで仕事を休んだ場合は無収入になったりするなど、月の収入は不安定です

2.自己管理する必要がある

フリーランスは仕事の獲得・管理・組み立てから、請求・支払い業務、確定申告など、業務に関わるすべてを自分で行う必要があるため、高い自己管理能力が求められます。

全てが自己責任となる覚悟を持って、働く必要があるでしょう。

3.社会保障額が減る

サラリーマンは厚生年金・雇用保険・労災保険・健康保険組合などの社会保障を受けられます。

フリーターも条件によっては同様の保障を受けられますが、フリーランスが受けられる保証は国民年金と国民健康保険のみです。

 

副業を活用してサラリーマン以外で生きていく2つの方法

サラリーマン以外の生き方を選択して日々生活していくには、やはり一定以上の収入が必要なので、いきなり会社を辞める前に、まずは副業を始めることをおすすめします。

副業で成果を出してサラリーマンを辞める

フリーランスとして実績のない状態で、いきなりサラリーマンを辞めるのは得策ではありません。

まずは会社勤めと平行して副業の収入を得ることで経済的な安心感を得ながら、サラリーマン以外の新たな生き方を実践していきましょう。

副業の収入だけで生活をしていける目途が立てば、サラリーマンを辞める選択肢が現実化してくるので、まずは副業への挑戦を視野に入れてみてください。

副業でスキルをつけてフリーランスになる

サラリーマンとして働きながら、副業で新しいスキルを身につけることで、将来的に収入アップが見込めます。

スキルと実績があれば、フリーランスとしての独立と継続は十分可能なので、副業で着実にスキルアップをしながらフリーランスとしての実力を養うことをおすすめします。

 

 

サラリーマン以外で自由な生き方を実現するならフリーランスがおすすめ!

フリーランスやフリーター、定職に就かないなど、サラリーマン以外の生き方を知ることで、様々な選択肢が生まれたのではないでしょうか。

選択肢はたくさんありますが、一定の収入を得ながら自由な生き方を目指すならフリーランスがおすすめです。

フリーランスは、時間・場所・人間関係などの制約を受けづらい、自由度の高い働き方を実現できるのが特徴です。また、スキルアップに応じた大幅な収入アップも目指せます。

サラリーマン以外の生き方を選択することで、自分自身に適したライフスタイルをぜひ実現してください。

 

フリーランスについてより詳しく知りたい方はこちら!

 

 

執筆者 野本一貴

フリーランスの英日翻訳者、Webライターとして活動中。得意なジャンルは投資、クレジットカード、インバウンドなど。丁寧な翻訳、わかりやすいライティングを心がけています。

コラムカテゴリの最新記事