営業職には向き不向きがある!?それぞれの特徴を徹底解説

営業職には向き不向きがある!?それぞれの特徴を徹底解説

自社の製品や商品を売るために必要となるのが「営業職」です。営業職は、企業の売上アップにつながる重要な役割を担っています。

現在営業職をしている方の中には、「自分が営業職に向いているのかどうか不安」「営業職に向いている方の特徴を知って営業力を磨きたい」と思う方もいるでしょう。

そこで今回は、営業職に向いている方と向いていない方の特徴を解説します。

 

営業職に向いている方の特徴7つ

営業職に向いている方にはさまざまな特徴が見られますが、その中でも7つの特徴を解説します。

  • コミュニケーション能力が高い
  • 自己管理ができる
  • 行動力がある
  • ストレス耐性がある
  • レスポンスが早い
  • 柔軟な考え方をしている
  • 向上心が高い

1.コミュニケーション能力が高い

コミュニケーション能力が高いとは、相手の思っていることを引き出したり、相手が答えやすいような雰囲気づくりをしたり、自分の考えを端的に伝えられることです。

コミュニケーション能力と聞くと、話をするのが得意な方を指すと思われがちですが、ビジネスにおいては自分が話すよりも相手から考えや意見を引き出すほうが重要です。

特に営業職は、自社の製品やサービスを売り出すためにも相手の状況をヒアリングしなければなりません。

例えば、青汁を販売するときに、まずは相手が健康に対してどのような意識を持って日々生活しているのかを聞きます。その後、相手の悩みを聞きだし、悩みを解決する手段として青汁が適していることを説明するのです。

コミュニケーション能力は、営業職に限らず社会人であれば身につけておきたいスキルであるため、日々意識したい能力です。

2.自己管理ができる

営業職は、顧客へのアポイントや商談の時間を調整しなければならないため、スケジュール調整などの自己管理能力が必要です。

どれだけ良い商品を取り扱っていたとしても、顧客との信頼関係を構築できていないと成約まで至らないでしょう。

時間を守るなど、小さなことの積み重ねが顧客との信頼関係につながります。したがって、スケジュール管理などの自己管理をすることで顧客と信頼を構築できるのです。

3.行動力がある

営業職は、顧客が求めていることを的確に分析し、分析の結果を行動に移す力が求められます。

営業で重要になるのは、すでに悩みがわかっている顧客に対して商品を提供するのではなく、本人が意識していない潜在的な悩みを見つけてアプローチすることです。

潜在的な悩みを見つけることで、自社製品のリピーターとなってくれる確率も上がるため、日頃から潜在的な悩みを見つけるように意識して行動するようにしましょう。

4.ストレス耐性がある

営業を続けていると、さまざまな場面でストレスを感じる瞬間があります。

例えば、最初から話を聞いてくれなかったり、契約の一歩手前でキャンセルされたり、文句やクレームを言われたりするなどです。

ストレスを感じたときには切り替えて、次の商談へのぞめる方は、営業職に向いているでしょう。

5.レスポンスが早い

レスポンスの早さは、顧客の購入機会を見逃さないためにも重要な要素です。

顧客は最初から購入を前提としているのではなく、話を聞いていく中で徐々に購入意欲が高まっていくものです。

一方で、顧客の購入意欲には波があるため、購入を前向きに検討していた場合でも、ある一定の期間を過ぎると取引自体がなくなってしまうケースも考えられます。

したがって、購入意欲が高い顧客に適切なタイミングでアプローチするためにも、素早いレスポンスを意識するのが重要なのです。

6.柔軟な考え方をしている

営業職は、他社の製品と競っていかなければならないため、新しい情報を常に受け入れる姿勢が求められます。

特に、営業対象の業界情報は常に収集し、新しい情報に沿って今までの考えを変えていく必要があるかもしれません。

昨今、新しい技術やツールが続々と登場しているため、今使っている技術が明日には古くなってしまう可能性もあります。

営業職は、常に新しい情報へのアンテナを張り、今までの考え方を変えていくような柔軟性が必要なのです。

7.向上心が高い

向上心が高い方は、営業職に向いています。

営業は毎回違う顧客を相手にするため、常に変化していかなければなりません。変化するためには自身の課題を把握し、改善するためにどうすべきかを常に考える必要があります。

営業職に向いている方は、現状に満足することなく変化し続ける向上心が高い方だといえるでしょう。

営業職に向いていない方の特徴5つ

営業職には、向いていない方の特徴もいくつかあります。ここでは、5つの特徴をご紹介します。

  • 初対面が苦手
  • 判断が遅い
  • メンタルが弱い
  • 自分の考えを持たない
  • レスポンスが遅い

1.初対面が苦手

営業では、初対面の方と話す機会が増えるため、初対面が苦手な方は営業に向いていない傾向にあります。

営業職は、初対面の方にどれだけ自社の製品やサービスの魅力を伝えられるのかが勝負です。

初対面で物怖じしてしまうと、購入意欲がある顧客に対しても魅力を上手く伝えきれず、結果的にチャンスを逃してしまうことになるでしょう。

2.判断が遅い

営業職は、素早く判断して実行する力が求められるため、判断に時間がかかってしまい、なかなか行動に移せない方には向いていません。

顧客は自社だけを検討しているのではなく、競合他社の製品やサービスも検討しています。顧客の購入意欲をそがないためにも、できるだけ早くアプローチをすることが重要なのです。

3.メンタルが弱い

営業は失敗するのが当たり前でもある業務なので、失敗の度に落ち込んでしまう方は精神的にダメージを受けやすいです。

顧客はサービスの内容をもともと知らないことが多いため、一度の営業で契約締結まで完了できるケースはほぼありません。

したがって、何度も継続的なアプローチを続けていき、少しずつ顧客との信頼関係を構築するのが大切なのです。

信頼関係を構築していく中で、さまざまな失敗を経験するため、失敗のたびに落ち込むんでしまうと、営業を続けていくのが難しくなるでしょう。

4.自分の考えを持たない

営業職は、自分の考えを持って顧客へアプローチしていかなければならないため、自分の考えを持たない方は向いていないでしょう。

顧客にサービスを説明するときは、「そのサービスにどのような想いをもっているのか」「利用することでどのようなメリットを得られるか」を明確に伝えなくてはなりません。

自分の考えを持たずに営業をしていると、顧客にそれを見抜かれたときに、顧客の気持ちがどんどん離れていってしまいます。

営業をするときには、自分がなぜそのサービスを売っているのかを明確にしたうえで進めていきましょう。

5.レスポンスが遅い

レスポンスの速さは顧客への信頼に関わるため、返信が遅い方は営業職に向いていないでしょう。

顧客は、レスポンスが遅いと対応が悪いと感じてしまう傾向にあるため、たとえ商品やサービスが良かったとしても気持ちが離れていってしまいます。

レスポンスをする場合は、遅くとも1日以上経過させないように意識しましょう。

営業職に向いている方の特徴を意識して働こう

今回は、営業職に向いている方と向いていない方の特徴を解説しました。

営業職は、顧客とのコミュニケーション能力だけではなく、向上心を持ってチャレンジしていく力が必要です。

最近では、営業の主流がオンラインへと変わってきているため、直接顔を合わせる営業だけではなく、非対面での営業が重要になっています。

営業職としてスキルアップしたい方は、今回紹介した特徴を意識しつつ、オンライン営業への取り組みも進めていきましょう。

 

 

執筆者 Yukki

Yukkiさんプロフィール大学卒業後、第一地銀、外資系コンサルに勤務し、現在はエンジニア業務をこなしながらライター業にも従事。取り扱うテーマは、これまで勤務経験のあるテクノロジー領域を中心に発信。これまでの専門性を活かした読者のみなさまに貢献できるような内容を積極的に取り上げていきたい。

コラムカテゴリの最新記事