【初心者必見】オウンドメディアの作り方を5ステップで解説

【初心者必見】オウンドメディアの作り方を5ステップで解説

近年、人々の活動の中心がオンラインへと移行しており、Webマーケティングの一貫としてオウンドメディアを運用する企業が増えています。

今までオウンドメディアを運用したことのない企業でも、新たに立ち上げようとしているところは多々あるのではないでしょうか。

しかし、「オウンドメディアの運用経験がないから何から手をつけていいのかわからない」「オウンドメディアの作り方を一から知りたい」と思う方もいるかもしれません。

そこで今回は、オウンドメディアの作り方を5ステップで解説します。

 

オウンドメディアとは

オウンドメディアとは、自社で運用している媒体のことです。

一般的には、オウンドメディアと聞くと企業のホームページを浮かべるかもしれませんが、実はWebサイト以外にも企業が発行しているパンフレットやSNS、メルマガなどもオウンドメディアに含まれます。

ただし、最近よく聞くオウンドメディアは、ユーザーに向けた情報発信やWeb集客を目的としたWebサイトを指すことが多いです。

オウンドメディアは、立ち上げ時に詳細な設計をしたうえで進める必要があるため、多大な労力や時間がかかります。

また、立ち上げ後の運用フェーズにおいても定期的な分析や継続的な情報発信が求められるため、運用コストは常に発生するでしょう。

オウンドメディアの作り方を5ステップで解説

オウンドメディアは多くの労力や時間がかかるため、無駄なく正しい方法で作っていきたいところです。

ここでは、以下の5ステップに沿って運用までの手順を解説します。

  1. 運営目的の決定
  2. ペルソナ設計
  3. サイト設計
  4. サイト制作
  5. 運用スタート

ステップ1:運営目的の決定

まずは、オウンドメディアを作る目的の明確化が重要です。

目的を明確にすることで、達成するために何をすべきなのかが見えてきます。目的を曖昧にしてしまうと、途中でオウンドメディアの軸がぶれてしまい、運用がうまくいかない可能性があるでしょう。

例として、以下の運営目的が考えられます。

  • 集客
  • 商品・サービスの成約
  • 人材採用
  • ブランディング

運営目的は1つに絞るのではなく、集客しつつ商品やサービスの成約につなげるといったように、複数の目的をもたせるのも可能です。

目的を決めるときには、特定の個人だけで決定するのではなく、オウンドメディアに携わる全メンバーに共有する必要があります。全員が共通の認識をもつことで、オウンドメディアを正しい方向へ導くことができるでしょう。

ステップ2:ペルソナ設計

ステップ2では、オウンドメディアのターゲットとなる「ペルソナ」を設計します。

ペルソナとは、実在する人物のような詳細な情報を設定したターゲット像です。ここで、「ペルソナとターゲットの違いは?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

ペルソナとターゲットの違いは、情報の密度にあります。ペルソナは実在する人物を設定するため、ターゲットよりも情報の粒度が細かくなります。

以下は、ペルソナとターゲットを設計した例です。

  • ペルソナ:25歳の男性、社会人3年目、エンジニアとして働いている、都内在住、年収400万円、休日はサーフィンをしている
  • ターゲット:20代後半の男性、エンジニアとして働いている

上記からわかる通り、ペルソナは実在する人物のような詳細な情報をもとに設計しています。

ペルソナを設定することで、ペルソナが抱える悩みや課題を考えやすくなるため、それらを解決できるようなオウンドメディア作りができるのです。

ステップ3:サイト設計

ステップ3では、ペルソナ設計をもとにオウンドメディアのサイト設計をしていきます。サイト設計をする際には、ペルソナの課題や悩みを解決できるようなコンセプト作りが重要です。

たとえば、ペルソナの検索意図や悩みをきちんと理解し、解決するための商品やサービスを自然に提供する形が、成約につながりやすい傾向にあります。

ステップ4:サイト制作

ステップ4では、サイト制作を行います。

サイト制作は、主に以下の方法が考えられます。

  • 自社で制作
  • 外部へ依頼

それぞれのメリットとデメリットを解説するので、自社に適した方法を見極めましょう。

自社で制作

自社で制作する場合は、サイト制作の知識や経験があるメンバーを必要とします。

社内のメンバーで制作できるため、外部への依頼コストが発生せず、意見の反映がすぐに行えるのがメリットです。

しかし、社内に知識をもった人材がいないと制作が難しく、いたとしても少数であれば負担が大きくなってしまうのがデメリットです。

外部へ依頼

外部へ依頼する場合は、適切な業者を選定することで要望通りのサイト制作ができます。

Webサイト制作を本業としている業者へ依頼すると、多数の経験や知識をもとに、安心してサイト制作を任せられるのがメリットです。

しかし、当然ながら依頼時に金銭的なコストが発生してしまいます。また、お互いの認識を共有していないと想定外のサイトになってしまうというデメリットもあります。

ステップ5:運用スタート

サイト制作の完了後は、いよいよオウンドメディアの運用がスタートします。運用するときには、ステップ1で定めた目的に応じて、達成するための施策を打ち出していきましょう。

たとえば、集客を目的としているのであればSEOコンテンツの作成をしたり、人材採用が目的であれば求人情報を作りこんだり、商品やサービスの成約が目的であれば行動を喚起するための専用のページを作りこんだりするなどです。

また、施策は打ち出すだけではなく、定期的に効果測定をするのが重要です。施策によってどのような効果が出たのかわかれば、継続して取り組んでいくのか、新たな取り組みをすべきなのかが見えてきます。

運用時には、当初立てた目的を忘れずに運用することで、オウンドメディアの軸をぶらさずに進めていけるでしょう。

オウンドメディアを作るときに注意すべき2つの点とは

オウンドメディアを作るときには、以下の点に注意すると良いでしょう。

  • 社内の理解を得る
  • 長い目で見る

1.社内の理解を得る

オウンドメディアは、社内のメンバーが理解したうえで進める必要があります。

オウンドメディアの立ち上げにはさまざまなコストが発生するため、正しい理解を得たうえで進めていかなければなりません。

もし、社内の理解を得ずに進めてしまうと、「効果の出ないことになぜそこまでコストをかけるのか」と思う社員が出てくる可能性も考えられます。

その結果、社内の人間関係に悪影響が出る場合もあるので、目的を明確にして社内全体の承認を得てから進めるのが大切です。

2.長い目で見る

オウンドメディアは、立ち上げたらすぐに効果が得られるものではなく、中長期的に取り組んでいく必要があります。

したがって、目的を設定するタイミングで期間を明確にし、その期間に向けて継続していかなければなりません。

期間を決めずに目的だけを定めた場合、いつまでに達成するのかわからず不安な状態で継続していくため、メンバーのモチベーション低下につながりやすいです。

オウンドメディアはすぐに結果を求めるのではなく、継続することでようやく目的を達成できるものだと認識しておきましょう。

正しい手順でオウンドメディアを作ろう

今回は、オウンドメディアの作り方を5つのステップに分けて解説しました。

オウンドメディアとは、自社で運用する媒体のことで、最近ではWeb集客を目的として利用されるケースが多く見られます。

オウンドメディアの立ち上げ時には、正しい手順で進めないと、思っていたような効果を得られない可能性があるため注意が必要です。

これからオウンドメディアを立ち上げようと思っている方は、今回の記事を参考に、正しい手順でサイトを作ってみてください。

 

 

執筆者 Yukki

Yukkiさんプロフィール大学卒業後、第一地銀、外資系コンサルに勤務し、現在はエンジニア業務をこなしながらライター業にも従事。取り扱うテーマは、これまで勤務経験のあるテクノロジー領域を中心に発信。これまでの専門性を活かした読者のみなさまに貢献できるような内容を積極的に取り上げていきたい。

コラムカテゴリの最新記事