海外にいても稼げる!海外在住者におすすめの副業サービス6選

海外にいても稼げる!海外在住者におすすめの副業サービス6選

近年リモートワークの普及により、場所にとらわれない働き方が広く見られるようになりました。インターネットさえあれば海外のどこにいても稼ぐことができる仕事はたくさんあります。

これを機に、「海外に移住してリモートワークで稼ぎたい」「海外で副業をして収入を増やしたい」と考える方もいるでしょう。

今回は、海外でできるおすすめの副業6選と、海外で副業を始める前に注意したい点をご紹介します。

 

 

海外在住者におすすめの副業サービス6選

リモートワークを駆使して海外で副業をする方法や、海外在住のメリットを活かした副業を踏まえて、海外在住者におすすめの副業サービス6選をご紹介します。

①クラウドソーシングサービス

クラウドソーシングサービスは、「仕事を依頼したいクライアント」と「仕事をしたい方」をマッチングさせるサービスです。オンライン上で仕事の発注・受注が完結するため、海外にいながら日本のクライアントから仕事を受けられます。

例えば、クラウドソーシングサービスでは以下のような仕事が紹介されています。

  • データ入力
  • ライティング
  • Webデザイン
  • プログラミング
  • 動画作成・編集
  • アンケート
  • 輸入代行
  • 翻訳 

紹介される仕事の種類が多いため、自分が得意とする分野の仕事を見つけられるかもしれません。

もし専門的なスキルを持っていない場合は、ライティングがおすすめです。法律や金融、ITなどの専門的な内容の執筆案件も多いですが、他にも映画・ドラマの感想や商品のレビュー・口コミ、シナリオ作成などの案件も多数掲載されているので、文章を書くことが好きな方にはぴったりです。

紹介する案件が豊富な大手クラウドソーシングサービス「ランサーズ」や「クラウドワークス」のどちらか、あるいは両方に登録しておくと良いでしょう。簡単な登録を済ませれば、すぐに案件に応募できます。

クラウドソーシングサービスで紹介される仕事の多くは単価が低めですが、コツコツと数をこなして収入を増やしたり、実績を積んで受注率を上げたりすることで、収入の安定が見込めます。

②副業マッチングプラットフォーム

フリーランスや副業向けの求人を扱う副業マッチングプラットフォームを利用して、海外在住者向けの仕事を探すことも可能です。

紹介されている案件には専門的なスキルを求めるものが多く、単価も高めに設定されています。「週に3日勤務」「土日だけ勤務」など継続的な仕事が多いため、採用されると安定した収入が期待できます。

副業マッチングプラットフォーム「WorkAny(ワークエニー)」では、マーケティングや営業、編集・ライティング、デザイン、エンジニアリング・サイト運営などの幅広い案件を取り扱っています。

海外在住者でも働けるフルリモートの案件も掲載されているので、ご興味がある方はぜひ登録してみてください。

③スキルシェアサービス

個人のスキルを気軽に売り買いできる、スキルシェアサービスも副業として人気があります。商品として提供するのは自分の得意なことやスキルなので、初心者でも始めやすく、業務内容や値段を自分で設定できる自由度の高さも人気な理由の1つです。

提供できるスキルやサービスの一例として以下のようなものがあります。

  • 音楽・動画制作
  • ライティング
  • プログラミング
  • 占い、悩み相談
  • 経営アドバイス
  • 語学レッスン
  • 料理、ファッション、コスメ

仕事関連の専門的なものから、趣味として行っているものまで、ありとあらゆるスキルや知識が商品となり得ます。海外在住の利点を活かして、観光プランの提案や海外移住の相談などを提供できるかもしれません。

スキルマーケットとして有名な「ココナラ」では、200種類以上のスキルが提供されています。購入・販売など、お金のやり取りを仲介してくれるためトラブルを避けやすく、運営のサポートを365日受けられるため安心して利用できます。

人に教えることが好きな方は、「ストアカ」を利用して講座を開き、講師として収入を得るのがおすすめです。オンラインで講座を開けるため、海外にいても問題ありません。

講座は複数回に分けたり、月謝制にしたりするなど回数も自由に決められ、人気講座になると継続的に収入を得ることもできるでしょう。

講座開催中に発生した事故や災害による損害を補償する「ストアカ補償制度」は、オンラインによる講座も対象となるため安心です。

④海外ツアーガイドサービス

海外ツアーガイドは、海外在住者ならではの仕事といえるでしょう。

ツアーガイドには次のような業務があります。

  • 空港とホテルの送迎
  • 観光地の案内
  • 通訳
  • 緊急時のサポート
  • 飛行機チケット・ホテルの予約
  • 旅行プランの提案

海外ツアーガイドは、主に日本から海外へ旅行するツアー客の観光をサポートします。多くの場合、現地滞在期間中のツアー客に同行して、観光案内やホテル送迎の手配、トラブルのサポートなどを行います。

もし在宅ワークを望むなら、旅行前の観光プランの提案や、飛行機やホテルの予約などのサポート業務を行うと良いでしょう。

個人でツアー客を募集できる「LOCOTABI(ロコタビ)」では、「一日観光地を案内」「レストランでの食事に同行」「空港からホテルへの送迎」「観光プランの代行」など、提供するサービス内容を自分で決められます。

自分だけが知っている観光地情報やアイディアを盛り込んだプランを作成するなど工夫することで、より多くの方の関心を集められるでしょう。

現在、コロナの影響で海外渡航が規制されているため、バーチャルで観光地をめぐりながら解説する「オンライン海外旅行」も人気を集めています。

⑤ブログ運営サービス

自分の知識や経験を自由に発信できるブログ運営は、副業や小遣い稼ぎとしても人気が高いです。

主な収入源は広告収入で、ブログ内に掲載した広告を読者がクリックしたり、広告経由で商品・サービスを購入・利用したりすると収入が得られます。そのため、収入を得るためにはニーズの高い情報を発信し続け、ブログの読者を増やす必要があるのです。

海外在住者は、現地だからこそ入手できる現地の文化や気候、生活、観光などの情報を発信すると、国内のブロガーとの差別化を図れるかもしれません。現地の観光プランの提案や、海外移住に関する情報を提供するなど、読者の対象を絞って固定読者を増やす方法も効果的です。

デメリットは、ブログを始めてもすぐに収入には結びつかないことです。ただ、記事数の増加とともに読者の増加や収入の増加が見込めるので、根気強く投稿し続けた記事は資産となり得ます。

国内で人気のあるブログサービスとして次のようなものがあります。

  • WordPress
  • note
  • Amebaブログ
  • 楽天ブログ
  • FC2ブログ
  • ライブドアブログ
  • はてなブログ

ブログ運営で収益化を目指すなら、「WordPress」がおすすめです。無料のブログサービスと比べると、「デザインの自由度が高い」「プラグインを利用して必要な機能を追加できる」「アフィリエイトやアドセンスなどの広告を自由に配置できる」などのメリットがあります。

「WordPress」は無料で利用できますが、サーバーを自分で用意する必要があります。無料のレンタルサーバーもありますが、セキュリティ対策やトラブルサポートが充実した有料のレンタルサーバーがおすすめです。

⑥ネットショップサービス

インターネット上に自分のお店を持てる「ネットショップ」も、副業として注目を浴びています。

海外でしか売られていない商品や日本よりも安く買える商品、海外の名産品などは、人気が高い傾向にあります。コロナの影響で外出を控え、買い物をネットショッピングで済ませる方が増えていることも、ネットショップにとって追い風となっています。

ネットショップのメリットは、在庫を抱える必要がないことです。売りたい商品の写真と情報を掲載しておき、注文が入ってから買いつけて発送するだけなので、過剰在庫のリスクが抑えられます。

最近では無料でネットショップを開業できるサービスが増えているのも、人気の理由の1つです。

人気が高いネットショップサービス

  • BASE
  • BAYMA
  • eBay

BASE」は、無料で簡単にネットショップを開業できるサービスの1つです。「メールアドレス」と「パスワード」、お好きな英数字を入力して作れる「ネットショップのURL」を登録するだけで、自分のネットショップを持てます。

特別な知識がなくても、気に入ったテーマを選ぶだけでショップのホームページを作れ、簡単な操作でカスタマイズも可能です。後は「商品名」「価格」「商品説明」を入力するだけで、すぐに販売を始められます。

 

海外で副業を始めるために注意すべきポイント

日本で副業を行う場合と違い、海外で副業を始めるためには事前に注意しておくべきポイントがあります。

①法的な条件を確認する

海外で働くためには、労働が許可されたビザを取得しておく必要があります。ただ、リモートで日本の会社に勤める、または日本のサービスを利用して副業をする場合は、労働ビザが必要のない場合もあります。

国によって法律が違うため、違法労働とならないよう専門家や現地の日本大使館に問い合わせて確認を怠らないようにしましょう。

日本で働いているとみなされる場合は、収入が日本の課税対象となり、金額によっては確定申告の必要があります。

国内での確定申告について詳しく知りたい方は、以下の記事をご参照ください。

副業で確定申告は必要?20万円ルールや手続きの流れを徹底解説!

②労働環境を確認する

海外でリモートワークを行うためには、労働環境を整える必要があります。海外では「インターネットの速度が遅い、接続が安定しない」「頻繁に停電する」「近所の騒音がひどい」など、日本では考えられないような問題が生じることも。

快適でない労働環境は作業の効率や質に影響を与え、継続も難しくなるでしょう。特に、テレビ電話などを用いて仕事をする場合は、インターネットの回線状況を必ず確認しましょう。

 

海外にいても副業で稼ぐことは十分可能!

日本から遠く離れた海外での副業は、克服すべき課題などもあり不安に思えるかもしれませんが、海外在住のメリットを活かして他の方が真似できないサービスや商品を提供できるという強みがあります。

また、海外でできる副業には特別なスキルや経験を必要としない、初心者でも比較的簡単に始められるものもあります。誰でも工夫次第で、海外にいながら副業で稼ぐことが十分に可能なのです。

今回の記事を参考に、自分に合った副業を探してぜひチャレンジしてみてください!

 

 

執筆者 Toshiyu

Toshiyuさんプロフィール電力関連の仕事に13年従事、その後インドネシアに移住して一年のほとんどを海外で過ごす。現在はライターとしてフリーランス・副業・複業に関する記事を執筆。自由な働き方に挑戦する読者へ役立つ情報の発信を目指しています。

コラムカテゴリの最新記事