スキルアップ重視のサラリーマンにおすすめの副業5選。副業で稼ぐためのコツもご紹介!

スキルアップ重視のサラリーマンにおすすめの副業5選。副業で稼ぐためのコツもご紹介!
サラリーマンにおすすめの副業をご紹介

「働き方改革」をきっかけに徐々に副業が広がり、今では皆さんも知っているような大企業も副業解禁をし始めています。サラリーマンでも、気軽に副業を始められる世の中になりました。「副業に興味があるけど、どんな副業があるのかわからない」、「自分に合う副業を知りたい」という方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

数えきれないほど副業がある中で、何となく副業を始めてしまうと収益化する前に頓挫してしまうこともあります。そんな事態を防ぐために、今回はサラリーマンが副業をするうえで気をつけることや副業で稼ぐためのコツ、おすすめの副業などをご紹介します。

サラリーマンで副業に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

サラリーマンが副業をする理由とは

会社員や公務員などのサラリーマンが、副業を始める主な理由は何なのでしょうか。総合転職サイト『マイナビ転職』が、副業経験または副業意向がある会社員・公務員800名を対象に行った「副業に関する意識調査」の結果を見てみましょう。

副業を始めたいと思った理由(複数回答)を尋ねた結果、上位の回答は以下のようになりました。

サラリーマンが副業を始める理由の調査結果

引用:マイナビ転職、「副業に関する意識調査」を発表 https://www.mynavi.jp/news/2021/01/post_29421.html

1位~3位は収入や貯金を増やすことが目的ですが、4位、5位は経験ややりがいにつなげることを目的としています。収入を増やしたいと考えているサラリーマンが多い一方で、スキルアップやキャリア形成に対する期待から始める方も一定数いることがうかがえます。

サラリーマンが副業をするうえで気をつけること

本業の就業規則を確認する

副業は徐々に広まってきているものの、副業を禁止している会社はまだまだ多いのが実情です。副業を「全面的に禁止」していたり、「事前許可制」としていたりする場合もあるので、副業を開始する前に必ず本業の就業規則を確認しましょう。

会社としては、副業を始めることによって本業に支障が出ること、同業で副業することにより情報が漏洩することなどを懸念している可能性が高いです。そのため、どうしても副業を始めたい場合は上司に相談し、同業他社ではないことや、副業によって本業にもより良い影響が出ることをアピールすることをおすすめします。

副業の所得が年間20万円を超えたら確定申告する

副業による所得が年間20万円を超えた場合、自分で確定申告をしなければなりません。毎月いくら稼いでいるかや、年間の所得額を把握しておきましょう。

ただし、所得は収入から必要経費を差し引いた金額なので、収益が年間20万円を超えていても、必要経費がいくらか発生した場合は確定申告が必要ない可能性もあります。

例えば、ライティングによる収入が年間25万円だったとして、調査のための書籍購入費が7万円だった場合、所得は年間18万円なので確定申告は必要ないです。必要経費として換算できるものは、領収書を保存しておきましょう。

▼副業の確定申告に関する記事はこちら

サラリーマンが副業で稼ぐための3つのコツ

①地道に副業を継続すること

副業を始めたばかりのときはモチベーションが高かったけど、収益化できない時期が続いてさぼりがちになってしまったという方もいらっしゃるのはないでしょうか。

もともとスキルが高い方であれば、最初から高額案件を受注できるかもしれません。しかし初級レベルのジャンルで副業を始めた場合は、初めから収益化できないことの方が圧倒的に多いです。

すぐに結果が出ることを期待せずに、コツコツと続けることを意識しましょう。

②副業と本業の時間を上手にやりくりすること

サラリーマンで本業もある中で、いかに効率よく副業を行うかが重要です。例えば、平日は本業で8時間、副業で3時間、休日は土日どちらも副業で8時間働くと、休む暇がないですよね。

「副業は平日の仕事終わり、2時間だけにする」、「土日のどちらかは副業をしない」など、マイルールを決めると良いかもしれません。

副業を長期的に行うことを考えると、休むときはしっかり休んで本業を圧迫しないようにしましょう。

③心から楽しめる副業を選択すること

サラリーマンが収入や貯金を増やすことを目的に副業を始めた場合、 “稼げるかどうか” だけで判断してしまう傾向にあります。しかし先ほどもお話した通り、大抵はコツコツと続けることで徐々に稼げるようになってきます。

稼ぐことだけを目的に、あまり楽しいとは思えない・興味が湧かない副業に手をつけてしまうと長続きしません。本業が忙しい中で、興味のない副業をしていると精神的にもしんどくなりそうですよね。

稼ぐことも大切ではありますが、まずは自分自身が心から楽しいと思える仕事を副業として選ぶことをおすすめします。

スキルアップ重視!サラリーマンにおすすめの副業5選

サラリーマンが選択できる副業は無限にありますし、ポイントサイトやアンケートモニター、データ入力など、タスク系の副業もたくさんあります。

ただスキルを活かした副業や、スキルアップができる副業を選択した方がやりがいにつながりやすく、人脈も広がりやすいです。

今回はサラリーマンが本業の傍ら始めやすく、スキルアップも見込める副業を5つご紹介させていただきます。

①ライティング

サラリーマンで文章を書くことが好きな方や、何かしら詳しいジャンルがある方にぴったりな副業がライティングです。

副業でライティングを行う手段は、大きく分けて2パターンあります。

1つは、自らブログや情報サイトを運営する方法です。サイトを立ち上げるために、最初はレンタルサーバーの契約やドメイン取得、WordPressの初期設定など、必要な設定がいくつかありますが、一度サイトを立ち上げてしまえばあとはひたすら記事をアップしていくだけです。

ブログ運営している方は、サイトにアフィリエイト広告を貼り付けることで収益化する傾向にあります。記事数が増えてきたら、自身がサイトオーナーになり、記事は外注するのも1つの手ですね。

2つ目は、記事単位で請け負う方法です。メディアを運営している企業から、「1記事あたりいくら」といった形で仕事を受けます。

始めたばかりの頃は、文字単価が1円以下の場合が多いですが、慣れてくると2円、3円と徐々に単価を上げることも可能です。

②動画編集

SNSやYoutubeを筆頭に、日常は動画に溢れているので、動画編集の需要は高まりつつあります。一度動画編集の方法を覚えれば、あとは慣れてくると作業時間も短縮できるため、本業で忙しいサラリーマンにもおすすめの副業です。

動画編集の仕事には、SNSやYoutubeなどの動画だけでなく、ウエディングムービーや企業の採用動画の編集など多岐にわたります。

企業のPR動画や採用動画の構成作成から携わると、1つの案件あたり数十万円以上の報酬がもらえることも。編集技術が初心者レベルの段階では、SNSやYoutubeの編集代行でコツコツと実績を積み上げていくと良いでしょう。

③Webデザイン作成

本業でデザイナーとして働いているサラリーマンがすぐに始められる副業が、Webデザインやイラスト制作の案件です。

Webデザインの作成は数週間ほどかかる可能性もあるので、本業の業務量も考慮してスケジューリングしましょう。

イラスト制作は企業案件だけでなく、個人からSNSのアイコン作成依頼が来ることもあります。Webデザインと比べて、1案件あたりの単価は安めではありますが、複雑な描写が必要で、書き込まれる要素が多いイラストは1点あたり数万円の報酬も見込めます。

本業でデザイナーとして働いていないサラリーマンでも、「デザインに興味がある」、「絵を描くのが好き」という方は今からでも遅くありません。数千円~受講できるセミナーや勉強会もたくさんありますので、ぜひ探してみてくださいね。

④プログラミング

(プログラマー、エンジニア、オンラインスクールの講師、記事執筆)

本業でエンジニアとして働いているサラリーマンが、副業で挑戦しやすいのがプログラミングに関する業務です。Web開発など難しいスキルを扱う案件では、実務経験が求められることが多いので、本業でプログラミングに関わっているサラリーマンは有利になります。

ただ、実務経験がなくこれから挑戦したいサラリーマンでも、プログラミング技術を身につけることは可能です。書籍だけでなくWeb上にもプログラミングに関する知識は転がっていますし、「Progate」というオンラインプログラミング学習サービスではHTMLやCSSの基礎が学べます。

真剣に勉強をすれば、3か月もあれば基礎は固められると思いますので、興味がある方はまずは行動してみてください。

⑤セミナー講師

サラリーマンが本業で関わっている業務を極めれば、副業でセミナー講師として働くという道もあります。

例えば、「PV数が増えるライティング術」、「初心者向け!動画編集入門セミナー」、「明日から使えるデザイン作成の方法」、「プログラミングの基礎について一から教えます」など、今までお話してきた副業ジャンルでセミナー講師として副業することも可能です。

「ストアカ」や「タイムチケット」など、個人のスキルを売買できるサービスを使えば自分で集客を行う必要がありません。また、サービス内での評判が上がれば、受講者も増えていくのでおすすめです。

副業ですぐに結果を求めず、まずは行動してみましょう

サラリーマンで副業に挑戦したいと思っているけど、まだ行動できてない人はたくさんいるのではないでしょうか。

今回ご紹介した、サラリーマンが副業をするうえで気をつけることや、稼ぐためのコツを踏まえて、心から楽しめて、続けられる副業を選んでください。

実績がない時期は、無料で仕事を受ける方もいらっしゃいますが、お金をいただきながら実績を作るには、副業専門のエージェントに登録するのがおすすめです。

弊社でも複業・副業マッチングプラットフォームを運営し、営業・マーケター・エンジニア・デザイナー・ライターの5つの職種に対応しているので、ご興味のある方はぜひ登録してみてくださいね。

 

 

安全な副業や、在宅でもできる副業について知りたい方は、以下記事もご覧ください!

 

執筆者 もりはる

副業・複業・パラレルワーク・フリーランスなど、自由な働き方に関する情報を届けるメディア「はたらく探求部」を立ち上げ、現在は企画・編集・ライティングを担当しています。
Twitterアカウント▶@moriharu000

コラムカテゴリの最新記事