副業で地方創生に携わるには?業務内容や仕事の探し方を解説

副業で地方創生に携わるには?業務内容や仕事の探し方を解説

「地方創生に興味があるけど、本業があるからなかなか始められない」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

最近ではリモートワークの普及により、自宅にいながら副業で地方創生に携われるようになっています。

そこで今回は、副業と地方創生の関係性について解説し、具体的な業務内容や仕事の見つけ方もご紹介します。

 

副業と地方創生の関係

副業と地方創生には、どのような関係があるのでしょうか?ここでは、地方創生の概要について解説し、副業での携わり方についてご紹介します。

地方創生とは

そもそも地方創生とは、都心部への一極集中を防ぐために地方を活発化させるための活動です。現在、都心部は多くの人々であふれかえっており、優秀な人材も集中しています。

一方で、地方の人材不足が問題視されており、優秀な若者を中心に地方から都心部へと流出してしまっているのです。こうした問題を解決するためにも、若者が地方でも活躍できるような環境を整備していく必要があります。

副業で地方創生に携わるとは

では、どのようにして副業で地方創生に携わるのでしょうか。地方創生と副業が関わる大きなきっかけとなったのが、「リモートワーク」の普及です。

最近では、新型コロナウイルスの影響で自宅でのリモートワークが定着してきました。地方創生についても、リモートワークで地域活性に向けた取り組みが可能になっています。

たとえば、地方を活性化させるためのホームページを作成したり、新しいサービス作りをしたり、オンライン上のイベントを計画したりなど、携わり方はさまざまです。

地方創生に携われる副業の種類を5つご紹介

副業で地方創生に携わる際には、具体的にどのような業務があるのでしょうか。ここでは、代表的な5つの業務をご紹介します。

1.Webマーケティング

地方創生に副業で携わる際の業務の1つとして、Webマーケティングがあります。

Webマーケティングでは、地方で運営しているホームページの集客率アップに向けた取り組みをする場合が多いです。ホームページの集客率がアップすることで、地方の魅力を多くの方に伝えられるため、地方創生につながります。

具体的には、キーワード検索で上位表示を狙うためにSEO記事を制作したり、ホームページの内部対策や外部対策を実施したり、広告を活用して宣伝したりするなど、手段はさまざまです。

2.オウンドメディア制作

最近では、ほとんどの企業がオウンドメディアを運営しており、Webからの集客が重要視されています。

地方創生においても、その地方で活動している情報をアップしていくことで、地方の魅力に気づいて移住しようと決断してくれる方が増えるでしょう。

オウンドメディア制作では、まずは地方の情報や活動をアップロードするホームページを制作していきます。

必要となるスキルは、HTML/CSS/JavaScriptといったWeb系プログラミング言語の知識やWordPressなどのCMSに関する知識です。他にも、制作後に運営を任されるケースもあり、その場合はWebマーケティングの知識も必要になります。

3.システム開発

システム開発では、地方創生で実現したいサービスや、業務を効率化するためのサービスの開発をしていきます。

その際、その地方ならではの特色を活かしたアプリやシステムを公開するケースもあります。

たとえば、地方の名物を使ったアプリゲームや便利システムなどです。このような活動により、地方の認知度を上げていけるでしょう。

4.コンサルタント

地方創生を進めていくには、多くの知識をもった人材が必要です。そこで、地方創生のコンサルタントとして関わることもできます。

地方創生を成功させるために、企画の策定から実際の運用に至るまで幅広い業務で助言をしていく必要があるので、コンサルタントを目指すためには地方創生した経験があると良いでしょう。

5.SNS運用代行

最近では、SNSを活用したマーケティングにも注目が集まっています。SNSは、若者を中心にトレンドが発信される媒体であるため、興味を引くことができれば一気に情報が拡散されます。

地方創生の活動を定期的にSNSへアップロードすることで、多くの方に見てもらえる機会が増えるでしょう。

副業で地方創生に携わるための3つの方法とは

副業で地方創生に関わるには、以下に記載した3つの方法を活用すると良いでしょう。

  1. 副業のマッチングサービスを活用する
  2. SNSで探す
  3. 知人から紹介してもらう

1.副業のマッチングサービスを活用する

1つ目は、副業を探せるマッチングサービスの活用です。最近では、副業を探すためのマッチングサービスが多数リリースされており、活用することで自分の条件に合った仕事を見つけられます。

マッチングサービスとしては、主に以下3つのサービスがおすすめです。

2.SNSで探す

2つ目は、SNS上でワーカー募集をしている方にコンタクトを取る方法です。SNSはプライベートな利用だけではなく、ビジネスの場でも活用されています。

たとえば、「地方 ライター募集」と検索すると、地方に関わるライターの仕事が見つかるでしょう。ライター以外の職種でも、SNSでワーカーを募集している可能性があります。

また、一度SNS上で仕事をこなせれば、継続して他の仕事を紹介してもらえたり、仕事を受けた方の知人経由で新たな仕事に着手できたりするかもしれません。

3.知人から紹介してもらう

3つ目は、知人から地方創生に関わる仕事を紹介してもらう方法です。直接知人が地方創生に携わっていることもあれば、知人が紹介してくれる仕事にアサインされるケースもあります。

特に、マーケティング・Webライター・プログラマーなどは単発で依頼がしやすいため、紹介もしてもらいやすいです。知人から他の仕事につながる可能性もあるため、人脈形成は常に意識して広げておきましょう。

地方創生は本業をしながらでも副業で携われる

今回は、副業と地方創生の関係性について解説し、具体的な業務内容や仕事の見つけ方をご紹介しました。

地方創生では、若者の都会への進出を防ぐために地方の魅力を日々伝えています。リモートワークの普及によって地方移住者は増えているので、今後も拡大していくでしょう。

また、自分のスキルを発揮できる副業で地方創生に携わることで、本業の延長線上で働けます。さらに、本業と副業で学んだことを互いに活かし合うことで、自身のスキルアップにつながるかもしれません。

これから副業で地方創生に関わりたいと考えている方は、今回の記事でご紹介した仕事の探し方を参考に挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

 

執筆者 Yukki

Yukkiさんプロフィール大学卒業後、第一地銀、外資系コンサルに勤務し、現在はエンジニア業務をこなしながらライター業にも従事。取り扱うテーマは、これまで勤務経験のあるテクノロジー領域を中心に発信。これまでの専門性を活かした読者のみなさまに貢献できるような内容を積極的に取り上げていきたい。

コラムカテゴリの最新記事