おすすめの人材紹介会社7選と、うまく活用するコツをご紹介

おすすめの人材紹介会社7選と、うまく活用するコツをご紹介

「新規事業を立ち上げるため即戦力が欲しい」「特殊なスキルをもった人材を採用したい」「採用にかかる工数を減らしたい」など、採用に関する様々な要望に応えるサービスとして、人材紹介会社は広く活用されています。

人材紹介会社を活用する中で、「他の求人媒体との違いは?」「おすすめの人材紹介会社は?」「人材紹介会社をうまく活用するコツは?」など、疑問をもつ採用担当者もいるでしょう。

そこで今回は、人材紹介会社を利用するメリット・デメリットや、人材紹介会社をうまく活用する6つのコツ、おすすめの人材紹介会社7選についてご紹介します。

 

人材紹介会社を利用するメリット・デメリット

採用活動というと、求人サイトや求人誌に掲載するのが一般的ですが、人材紹介には他の求人媒体にはないメリットがあります。

ここでは、人材紹介会社を利用するメリットとデメリットをご紹介するので、自社の採用方法を検討する際の参考にしてみてください。

メリット1.初期費用がかからない可能性が高い

人材紹介会社の料金体系は、採用により費用が発生する完全成功報酬型である場合が多いので、初期費用は発生しない傾向にあります。

そのため、お金をかけて求人広告を出したのに採用に至らず費用を無駄にしたり、急いで採用するために募集内容を大幅に変更したりすることなく、じっくりと人材を見極めたうえで希望する人材を採用できます。

メリット2.採用工数を大幅に減らせる

求人媒体を通して人材を募集する場合、求人広告の作成や募集、応募への対応、面接日の調整など、面接までに多くの工数が必要です。

一方で、人材紹介会社を利用すると、自社の募集要件を満たした人材をリストアップしてもらえるため、工数をかなり減らせます。

採用のために他業務に支障が出るといった事態を避けられるため、結果的にコスト削減にもつながるというメリットもあります。

メリット3.客観的な視点で自社をアピールしてくれる

求職者は、会社を選ぶ判断材料として給与条件以外にも、職場環境や福利厚生、働くメリットなどについても知りたいと思っています。

人材紹介会社の担当者は、第三者として客観的な立場から企業について積極的にアピールするため、自社の魅力が求職者に伝わりやすくなるのです。

メリット4.求人を非公開にすることができる

人材紹介会社を利用すると、求人を非公開にすることが可能なので、極秘プロジェクトや新部署の立ち上げなど、ライバル社に知られたくない情報を伏せつつ求人活動が行えるというメリットがあります。

デメリット1.採用ノウハウが蓄積されない

人材紹介会社を利用することで、採用に必要な工数を大幅に減らせる一方で、採用ノウハウが自社に蓄積されないというデメリットもあります。

いざ自社単独で求人・採用活動を行おうとしても、求人に必要な手順や注意点、トラブルへの対処法などの知識が十分でないため、採用状況が難航し、負担になってしまう可能性があります。

人材紹介会社を利用する際は、募集内容に対する転職希望者の反応や採用成功の要因、改善点などを担当者に尋ねるようにしましょう。

デメリット2.大量採用に向いていない

人材紹介会社を利用した場合、採用ごとに費用が発生するため、大量に採用するとコストがかさみます。

募集内容や人数によっては、他の採用方法を検討すると良いでしょう。

人材紹介会社をうまく活用するための6つのコツ

行き届いたサービスが特徴の人材紹介会社ですが、採用を成功させるためにはいくつかのポイントをおさえておく必要があります。

ここでは、人材紹介会社をうまく活用するための6つのコツをご紹介します。

1.人物像を明確にする

自社としてどのような人材を採用したいのか、ターゲットの人物像をできる限り明確にする必要があります。

求人を依頼する前に、その人材を必要としている部署と、「年齢」「職歴」「経験年数」「得意分野」「性格」などの条件をすり合わせておきましょう。

人物像が明確になるほど、人材紹介会社は大量のデータから推薦する人材を絞りやすくなり、ミスマッチを防げます。

2.適切な人材紹介会社を選ぶ

一口に人材紹介会社といっても、得意とする職種や年齢層、エリアなどに大きな違いがあります。採用を希望する人材の業種や年齢層について、熟知している会社を選びましょう。

担当者を職種ごとで専任制としている会社に依頼すると、自社の求人背景や求人内容を理解したうえで、最適と思われる人材をリストアップしてくれます。

3.自社のアピールポイントをはっきりと伝える

人材紹介会社の立場からすると、アピールポイントが少ない会社を求職者に勧めることは難しいため、自社の魅力について担当者にしっかりと伝える必要があります。

勤めていると気づかない自社だけの魅力があるかもしれないので、募集を依頼する前に、社内でしっかりと検討することをおすすめします。

給与などの待遇面よりも、働きやすさや職場の雰囲気を重要視する求職者も少なくないため、職場や労働環境がわかる画像や動画、社員のコメントなどが求められた場合は、快く協力しましょう。

4.選考のスピードをあげる

人材紹介会社からの推薦があった際には、すぐに面接・選考に取りかかりましょう。

時間が経つほど求職者の気持ちは変化しやすく、自社への関心が薄れたり、他社へ興味がわいたりするかもしれないからです。

また、スピィーディな対応は、求職者の自社に対する印象を良くし、有望な人材を採用したいという熱意が求職者に伝わりやすくなります。

5.コミュニケーションを取る

人材紹介会社の担当者と定期的にコミュニケーションを取ることで、自社の募集への注目度を高めることができます。

また、募集内容の変更や追加など、情報を更新する必要があればすぐに伝えることで、不要なトラブルやミスマッチを避け、信頼関係を強めることができます。

推薦された人材を採用しなかった場合は、採用に至らなかった理由や、次回の候補者の選別時に考慮してほしい追加の項目などをフィードバックすることで、募集内容と候補者のマッチング率を上げることができるでしょう。

6.契約内容をチェックする

報酬額として、採用した人材の年収の20~35%が設定されている場合が多いですが、この「年収」に、給与以外の賞与やその他の手当などが含まれるかを確認すると良いでしょう。

また、採用後すぐに退職した場合、人材紹介会社に支払った料金が無駄になってしまいます。

一定期間内の退職であれば、費用の全額または一部が返金されることもあるので、人材紹介を依頼する前に契約内容をチェックしましょう。

おすすめの人材紹介会社7選

ここでは、おすすめの人材紹介会社7選をご紹介します。自社の求人内容に合った人材紹介会社を選ぶ参考にしてみてください。

1.リクルートエージェント

リクルートエージェントは、年間登録約125万2,000名、年間決定約5万2,000名を誇る大手の人材紹介会社です。

幅広い業種、年齢層に対応しており、さまざまな求人案件に柔軟に対応できるのが魅力です。

また、北海道から九州地方まで全国19カ所に拠点を展開しているため、地方エリアでの採用や地域密着型企業からの募集、Uターン・Iターン希望者の求人にも対応できます。

オプションとして追加料金なしで、「リクルートエージェント」と「リクナビNEXT(転職サイト)」のデータベースを閲覧・スカウトが可能なので、積極的に求人活動を行いたい企業におすすめです。

2.doda

求職サイトとして会員数が業界最大級の約629万人(2021年6月)を数えるdodaは、そのノウハウを活かした人材紹介サービスを展開しています。

「従来の採用手法で採用が難航している」「採用ノウハウがないためアドバイスが欲しい」「採用負荷の削減のため工数を減らしたい」などの企業の要望に応えられます。

dodaの利用者層は幅広く、技術職やクリエイター職をはじめ、あらゆる業種・職種に対応しています。

年齢層は利用者数の約44%が20代、約34%が30代と、伸びしろのある若手の採用を希望する企業におすすめです。

効果的な面接のコミュニケーション方法や質問例、17,000パターン以上の面接アドバイスを活用できる、利用無料の「HRアナリスト」は、「面接官としての経験が浅い」「面接の仕方がわからない」などの悩みを抱える面接官には心強いサポートです。

3.マイナビエージェント

マイナビエージェントは、34歳までの登録者が全体の80%以上を占める、経験のある若手の求人に強い人材紹介会社です。

「IT・Webエンジニア」「営業」「金融業界」「販売・サービス」「ものづくり・メーカー」など、業種ごとに専門の求人サイトが完備。

専門のアドバイザーが求職者に対応するため、特別なスキルや豊富な経験をもつ人材のマッチングも可能です。

4.パソナ

パソナは、特にハイクラス人材や管理部門人材の採用に強い人材紹介会社です。

ハイクラス専門のスカウトやエグゼクティブサーチを専門に行う「JOBHUB」のネットワークを活用することで、母集団の形成が難しいハイクラス人材の求人に対応できます。

採用企業と求職者の両方を同じコンサルタントが担当するため、情報共有の齟齬が生じにくく、求職者のスキルや人柄、希望についてもしっかりと把握したうえでの紹介が可能です。

「IT/WEB」「電機・機械・化学・自動車」「メディカル」「金融」「サービス・販売」「建設不動産」「消費財」「コンサルティング」など、各業界ごと構成された専門チームが対応するため、最適な人材を紹介できるのが強みです。

全国47都道府県と海外12カ所に拠点があり、幅広いエリアをカバーしているため、バイリンガル人材や、駐在員、海外現地スタッフの採用を希望する企業にもおすすめの人材紹介会社といえるでしょう。

5.Type転職エージェント

Type転職エージェントは、特にIT/Web、営業系の採用に強みをもつ人材紹介会社です。

業務スキルだけでなく、ヒューマンスキル・志向性を踏まえた提案と情報提供を意識しており、採用後も企業の満足度が高い人材紹介を実現しています。

ほぼすべてのアドバイザーが転職を経験しているため、求職者視点のアドバイスができるのも魅力の一つといえるでしょう。

Web広告、転職イベント、オウンドメディアを運営しているため集客力が高く、企業の募集内容にベストな人材の紹介を期待できます。

6.人材紹介リーベル

人材紹介リーベルは、リクナビNEXTが提携している転職エージェントのランキング「GOOD AGENT RANKING2020年度上半期」にて、「総合部門」「満足度」「IT/WEB部門」「高年収部門」「首都圏部門」の5部門で第1位に選ばれ、高い評価を受けています。

国内大手企業や外資系企業、また。ベンチャー企業など、幅広い人材紹介実績があるのが特徴です。

20~30代のエンジニアの紹介実績が多いですが、近年はインターネット関連企業やゲーム会社の転職も多数扱っています。

コンサルタントが全員IT業界出身のため、IT業界へ転職を目指す求職者のキャリアプラン、また企業側のプランや戦力を理解したうえでの人材紹介が可能です。

7.Spring転職エージェント

Spring転職エージェントは、世界26カ国にオフィスをかまえ、合計1,500人以上のコンサルタントを要する、アデコグループの人材紹介会社です。新卒から経験豊富なハイクラス人材まで、幅広い人材採用に対応できます。

あらゆる募集内容に対応するため、「IT」「経営層・経理・財務・法務」「人事・総務」「物流・消費財・小売・サービス」「バイオ・製薬・化学・医療機器・介護」「EMC」「建設不動産」など、職種・業界別に専門のチームを構成しているのが特徴です。

1人の担当者が企業と求職者に対応するため、書類やデータには表れない、企業の要望や意図、求職者のポテンシャルを読み取り、企業・求職者双方にとって満足度の高いマッチングが可能です。

人材紹介会社のメリットをうまく活用して採用活動を進めましょう

「求人・採用活動がなかなかうまくいかない」「採用活動に手間がかけられない」といった悩みを抱える企業にとって、人材紹介会社は心強いサービスといえるでしょう。

人材紹介会社の料金体系は完全成功報酬型で、採用ごとに求職者の年収の約20~35%の費用が発生するため、大量採用に向いていないなどのデメリットがありますが、自社が求める貴重な人材を獲得できることを考えれば、決して高すぎることはないでしょう。

人材紹介はサービスが充実しているとはいえ、人任せにはせずに、採用の成功のためには積極的に協力する姿勢が不可欠です。

明確な人物像や会社のアピールポイントを積極的に伝え、定期的にコミュニケーションを取るなど、採用活動に関わるチームの一員という意識をもって、人材紹介会社と連携する必要があります。

人材紹介会社をかしこく活用することで、採用コストを最小限に抑えつつ、自社の魅力を十分にアピールして、自社の要望にマッチした人材の採用を目指しましょう。

 

 

執筆者 Toshiyu

Toshiyuさんプロフィール電力関連の仕事に13年従事、その後インドネシアに移住して一年のほとんどを海外で過ごす。現在はライターとしてフリーランス・副業・複業に関する記事を執筆。自由な働き方に挑戦する読者へ役立つ情報の発信を目指しています。

コラムカテゴリの最新記事