編集者になるためには?仕事内容や必要なスキルを詳しく解説

編集者になるためには?仕事内容や必要なスキルを詳しく解説

編集者は、雑誌や書籍、Web媒体などで発信するコンテンツを企画・制作します。

読者のニーズに応える情報を提供したり、まだ知られていない情報を発信して新たなトレンドを作り出したりするなど、コンテンツを通して多くの方に影響を与えられる、やりがいのある仕事です。

編集者を目指す方であれば、「編集者の具体的な仕事内容は?」「どんなスキルが求められるの?」など、疑問をもつかもしれません。

そこで今回は、「編集者になる方法」や「業務内容」、「求められるスキル」、「年収」についてご紹介します。

 

編集者になる方法

編集者になる一般的な方法は、出版社や編集プロダクションに就職することです。

中途採用で編集者を目指す場合は、経験や実績が重要視されるため、未経験者はアシスタントとして経験を積むところから始める必要があるでしょう。

最近では、オウンドメディアやニュースサイトなどのWeb媒体を運営する企業が増えており、サイトの運営担当者が編集者となるケースもあるようです。

編集者の業務内容

編集者の業務内容は、所属する出版社や企業の規模、扱うコンテンツの種類によって多少の違いがありますが、コンテンツ制作の最初から最後まで関わるという点は共通しています。

ここでは、編集者の主な業務内容についてご紹介します。

企画

編集者は、制作したいコンテンツの企画を編集会議に提出します。

編集会議では、編集長や広告担当者、編集スタッフなどとともに採用する企画を決定し、特集内容やページ数、予算などについて話し合います。

構成

選ばれた企画の具体的な構成を決めます。イラストや写真の使用、取材地の選定など、支出を予算内に抑えつつ、質の高いコンテンツとなる構成を練ります。

ありきたりに思えるテーマであっても、他とは違う切り口で扱うことで、読者の心に響く内容にできるため、構成は大切な工程です。

依頼

編集者は構成にもとづき、コンセプトに合ったライターやカメラマン、デザイナーに仕事を依頼します。

各担当者が、コンテンツの趣旨や求められている仕事について十分理解していると、作業がスムーズに進むでしょう。

取材

話題の著名人やスポーツ選手のインタビュー、飲食店のグルメ撮影、モデルのファッション撮影、観光スポットの紹介など、取材が必要なコンテンツもあります。

編集者自ら取材対象にアポイントを取ったり、交渉を行ったりして取材の予定を立てます。遠隔地であれば、交通手段や宿泊先の手配も大切な仕事です。

修正・校正

納品された原稿や写真・イラストを確認し、必要な修正や校正を行います。具体的には誤字・脱字のチェックや事実確認、コピペの疑いがあるかどうかを確認します。

校正は編集者が担当するか、あるいは外注する場合もあり、写真やイラスト、色、カットなど、細かい調整を行います。

修正・校正は、理想の成果物に近づけるために大切な工程なので、繰り返し行われることもめずらしくありません。

レイアウトデザイン

完成した記事や写真を、決められたテンプレートに入れ込みデザインを作り上げていきます。

その際は、どうすれば読者の心に響くかを考えながら、文章や写真、イラストなどを配置するのが大事です。

紙媒体の場合は、印刷所で試し刷りをして色校正をします。紙媒体は特に、出版の後の修正が難しいため、慎重に確認作業が行われます。

入稿

紙媒体の場合は、印刷所へ納入してから印刷・出版が始まります。

一方で、Web媒体の場合は、CMS入稿を行い制作したコンテンツをWebサイトに掲載します。

編集者に求められる6つのスキル

コンテンツの質に大きな影響を与える編集者には、どのようなスキルが求められるでしょうか。ここでは、編集者に求められる6つのスキルをご紹介します。

1.企画力

編集者には、読者を惹きつけるテーマを考え出し、コンテンツとして企画するスキルが欠かせません。

世の中の流れに常にアンテナを張って、最新の情報やまだ広く知られていないトレンドに敏感に反応できるようにする必要があります。

読者のニーズは、日常のありふれた情報のなかにも潜んでいるため、人とは違った着眼点で物事を見ることで新しい企画を発掘できるかもしれません。

コンテンツの制作ごとに新たな企画が必要となるため、「こんな情報を提供したい」「この観点で特集したらおもしろそう」など、日ごろからアイデアにあふれている方は編集者向きといえるでしょう。

2.マネジメント力

編集者には、締め切りまでにコンテンツを完成させる責任があります。コンテンツ制作はチームで行うことが多いため、編集者はいわばリーダーとして各工程の進捗状況を見守る必要があります。

一部の工程に問題や遅れが生じると全体に影響するので、その場合、編集者はすぐにリスケジュールや外部への依頼を行うなど、迅速かつ柔軟な対応が求められます。

編集者は、複数のプロジェクトを同時進行で手掛ける場合もあるため、自分の作業を予定通りに行いつつ、全体にも気配りができる高いマネジメント力も重要でしょう。

3.コミュニケーション力

チーム全体が完成のイメージを共有できるように、編集者はわかりやすくコンセプトを伝え、ライターやカメラマン、デザイナーが自分に求められている役割についてはっきりと理解できるようにする必要があります。

原稿やデザインの修正を求めなければならない場合もあるため、相手のモチベーションを下げることなく明確に指摘するためにも、高いコミュニケーション力が求められるでしょう。

また、編集者が取材先との交渉や取材を行うこともあります。取材対象者が話しづらい方でも良好な関係を築いて、コンテンツ制作に必要な話や情報を上手に引き出すのが大切です。

4.情報収集能力

編集者が扱う分野は幅広いため、得意でない分野の企画やコンテンツにも取り組み、一定のクオリティを保つためには、情報収集力が欠かせません。

まったく未知の分野に取り組む場合は、一から学び、本質を理解するよう努力しましょう。

知的好奇心があって新しい分野を学ぶことが苦ではなく、理解のためにはあらゆる手段を使ってとことん掘り下げられる方は、編集者向きといえるかもしれません。

5.文章力

記事の執筆をライターに依頼する場合でも、編集者自身がライターが執筆した記事の校正を行うこともあるため、編集者には高い文章力が求められます。

複雑なテーマであっても、読者の心を動かせるようなわかりやすい文章を心がけましょう。

6.品質管理能力

コンテンツをリリースした後は修正が困難なため、完成前に品質を徹底的にチェックする能力が必要です。

間違った情報をそのまま公表してしまうと、取り扱っている媒体や企業の信用を損ないかねません。

記事の誤字・脱字のチェックや提供する情報の確認など、地道な作業が苦にならない方や、細かいミスを見逃さない集中力や責任感のある方は、品質管理能力が高いといえるでしょう。

編集者の年収

求人情報専門の検索エンジン「Indeed」によると、編集者の平均年収は約473万円(2021年12月13日時点)となっています。

※編集者として働く従業員やユーザーがIndeedに匿名で提供した給与額、および過去3年間にIndeedに掲載された求人から収集した給与額(合計810件)にもとづいて算出しています。

また、国税庁が2021年9月29日に公表した「令和2年分民間給与実態統計調査結果」によると、2020年の日本の平均年収は433万円となっており、勤務する出版社や企業の規模、勤続年数、役職によって差はあるものの、編集者の年収は全国平均よりも高めです。

参照:日本での編集者の平均年収・給与
   標本調査結果|国税庁

編集者に必須のスキルを身につけましょう

編集者の作り出すコンテンツは、読者の「知りたい」に応えるだけではなく、新たなトレンドやブームを作り出すほどの影響力があります。

一方で、多くの人の目に触れるからこそ、編集者は情報の正確さに細心の注意を払わなければなりません。また、納期までにコンテンツを完成させるという責任もあります。

他にも、オリジナリティのある企画の発案やマネジメント力など、編集者になるためには、今回ご紹介した6つのスキルをすべて身につけておかなければなりません。

現在の自分のスキルを確認し、足りていない必要なスキルを一つひとつ身につけていきましょう。

未経験者はアシスタントとして働くなどして経験とスキルを磨き、編集者へとステップアップすることができます。

良質なコンテンツは読者の心を動かし、生活を豊かにする力があるため、自分の感性とスキルを磨き、読者の心に響くコンテンツを届けられる編集者を目指しましょう。

 

 

執筆者 Toshiyu

Toshiyuさんプロフィール電力関連の仕事に13年従事、その後インドネシアに移住して一年のほとんどを海外で過ごす。現在はライターとしてフリーランス・副業・複業に関する記事を執筆。自由な働き方に挑戦する読者へ役立つ情報の発信を目指しています。

コラムカテゴリの最新記事