副業で稼げるおすすめのクラウドソーシングサービス7選【初心者向け】

副業で稼げるおすすめのクラウドソーシングサービス7選【初心者向け】

最近、働き方の多様化や将来への不安などから、個人のスキルや経験を活かして副業を始める方が増えてきています。

さまざまな案件を提供するクラウドソーシングサービスを活用すれば、初心者でも副業で稼ぐことは可能です

しかし、クラウドソーシングサービスは数多くあるため、初心者にとってどのサービスを利用すれば良いかわかりにくい一面があるでしょう。

そこでこの記事では、初心者向けにクラウドソーシングサービスの選び方や、厳選した7つのおすすめクラウドソーシングサービスをご紹介します。

 

クラウドソーシングサービスの選び方

クラウドソーシングサービスを利用する際には、いくつかの注意点があります。

ここでは、クラウドソーシングを使って副業で効率良く稼ぐために、事前におさえておくべきポイントをあげていきます。

副業の種類で選ぶ

クラウドソーシングサービスは、さまざな業種の案件を取りあつかっていることが多いですが、サービスによっては特定のジャンルに特化している場合もあります。

そのため、自分の副業スキルや経験とマッチするかどうかを事前にチェックして、サービスを選ぶことが大切です

手数料を比較する

クラウドソーシングサービスでは、案件ごとに仲介手数料が発生します。仲介手数料はサービスによって異なり、似たような案件でもサービスごとで報酬額に大きく差が生じることがあるのです。

自分がやってみたい副業案件の仲介手数料を比較するのも、クラウドソーシングサイトの選び方の1つといえるでしょう。

仮払い機能があるか確認する

クラウドソーシングサービスによっては、「仮払い機能」というシステムが導入されています。

仮払い機能とは、発注者と受注者との間で契約が成立した段階で、納品を待たずに、発注者がクラウドソーシングサービスに報酬を支払うシステムのことです。

報酬はクラウドソーシングサービスにて一時預かりとなり、案件の検収が終了すると、受注者に支払われます。

仮払い機能があることで、仕事をしたのに報酬が支払われないなどのトラブルを防げるのです。

おすすめのクラウドソーシングサービス7選

ここでは、副業初心者でも稼げるおすすめのクラウドソーシングサービスを、7つ厳選してご紹介します。

選び方のポイントをおさえて、自分に合ったサービスを見つけてみてください。

ランサーズ

ランサーズは、日本初のクラウドソーシングサービスです。ランサーズであつかっている案件の種類は、WebライティングやWebエンジニア、コンサルティング、営業など多岐にわたります。

専門的なスキルがなくても、未経験から始められる案件も多いため、副業を始めたい初心者にとっておすすめのクラウドソーシングサービスといえるでしょう。

ランサーズの手数料は、以下のとおりです。

  • 報酬金額10万円以下:手数料20%
  • 報酬金額10万円超~20万円以下:手数料10%
  • 報酬金額20万円超:手数料5%

たとえば、報酬金額が15万円の場合は、10万円までが手数料20%、10万円を超える10万1円から15万円までは手数料10%です。報酬金額に応じて手数料が変化するので、ご注意ください。

また、ランサーズには「契約金額・ランサー手取り計算ツール」があるので、活用すると良いでしょう。仮払い機能の採用もあり、副業初心者でも安心のクラウドソーシングサービスといえます。

クラウドワークス

クラウドワークスは、2011年に創業された国内最大手のクラウドソーシングサービスの1つです。総合型のクラウドソーシングサービスで、案件の種類は200種以上におよびます。

たくさんの案件の中には、初心者でも対応可能なものが数多くあり、誰でも取組みやすいクラウドソーシングサービスといえるでしょう。

クラウドワークスの手数料は、報酬金額と案件の依頼形式によって異なるので、以下をご確認ください。

【固定報酬制】

  • 報酬金額10万円以下:手数料20%
  • 報酬金額10万円超~20万円以下:手数料10%
  • 報酬金額20万円超:手数料5%

【タスク形式】

  • 手数料一律20%

ランサーズと同様、報酬金額に応じて手数料が変化するので、注意が必要です。タスク形式とは、1つの案件に取り組んで検収が終了すると報酬が確定する仕組みを指します。

仮払い機能もあり、副業初心者でも使い勝手の良いクラウドソーシングサービスといえるでしょう。

WorkAny(ワークエニー)

WorkAnyは、2021年にリリースされた副業マッチングプラットフォームです。自分のスキルを登録して、企業とマッチングできます。

あつかっている案件内容は、マーケティング・営業・編集/ライティング・デザイン・エンジニアリング・サイト運営の6つです。

募集案件はすべてテレワークに対応しており、初級・中級・上級と難易度の目安が表示されています。

WorkAnyは手数料が無料。ただ、企業との直接雇用となるので、仮払い機能はありません。週1日からの稼働にも対応できるフレキシブルなサービスといえます。

ココナラ

ココナラは、法人だけでなく個人でもスキルを気軽に販売できるクラウドソーシングサービスです。

200種類以上あるカテゴリでのサービス提供は、すべてオンライン上で完結。場所や時間を気にせず、多様な方法で自分のスキルをシェアして稼ぐことが可能です。

ココナラの手数料は22%なので、たとえばスキルの販売価格が125,000円(税込)の場合、手数料27,500円(税込)を除いた報酬金額は97,500円(税込)です。

購入者からの入金を確認してからスキルを販売するサービスなので、仮払い機能はありません。自分のスキルを商品として販売したい方におすすめのサービスです。

サグーワークス

サグーワークスは、記事作成に特化したクラウドソーシングサービスです。ライティングをやってみたい方、得意な方におすすめのサービスといえるでしょう。

発注企業数は累計で3,700社にのぼり、数多くのライティング案件が掲載されています。

案件内容は、誰でも受注できる「簡単テキスト作成」と、サグーワークス独自のテストに合格したライターが受注できる「高単価ライティング」の2つがあります。

サグーワークスに仮払い機能はなく、手数料が無料です。

クラウディア

クラウディアは、会員数100万人以上を誇るクラウドソーシングサービスです。ライティングやデザイン、Web制作、システム開発など、さまざまな業種があります。

ランサーズやクラウドワークスなど、他の大手クラウドソーシングサービスと比べると手数料がリーズナブルで、仮払い機能も付随している点が特徴です。

手数料は、以下のとおりです。

【プロジェクト方式】

  • 報酬金額1円~5万円以下:手数料15%
  • 報酬金額5万円超~10万円以下:手数料10%
  • 報酬金額10万円超~100万円以下:手数料5%
  • 報酬金額100万円超:手数料3%

【時間制方式】

  • 時間制の場合:手数料一律10%

報酬金額に応じて手数料が変化するので、ご注意ください。

ビズシーク

ビズシークは、業界最安の手数料をうたっている、2013年から始まったクラウドソーシングサービスです。

システム開発やデザイン制作、Webライティング、軽作業など、計50種類以上の仕事に対応しています。

ビズシークでは仮払い機能を採用。業界最安の手数料は、以下のとおりです。

  • 報酬金額10万円以下:手数料10%
  • 報酬金額10万円超:手数料5%

手数料を安くおさえたい方には、おすすめのクラウドソーシングサービスといえるでしょう。

初心者が副業で稼ぐにはクラウドソーシングサービスの有効活用が必須

今回は、クラウドソーシングサービスの選び方と、おすすめのサービスを厳選して7つご紹介しました。初心者が副業で稼ぐには、自分にあったクラウドソーシングサービスを選ぶことが大切です。

副業初心者であれば、まずはクラウドソーシングサービス大手のランサーズとクラウドワークスの2つに登録してみるのがおすすめです。募集している案件を確認して、取り組めそうかどうかチェックしてみてください。

その後、自身のスキルや、やってみたい副業にあわせてクラウドソーシングサービスを選んでみましょう。

 

 

執筆者 野本一貴

フリーランスの英日翻訳者、Webライターとして活動中。得意なジャンルは投資、クレジットカード、インバウンドなど。丁寧な翻訳、わかりやすいライティングを心がけています。

コラムカテゴリの最新記事