フリーランスとは?自営業・個人事業主との違いや職種、向いている人の特徴を解説

フリーランスとは?自営業・個人事業主との違いや職種、向いている人の特徴を解説

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、現在の働き方を見直したい方もいるはず。これからフリーランスとして活動したい、もしくはフリーランスに憧れている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。現代は正社員だけでなく、副業社員など様々な働き方が存在しており、フリーランスもその中の1つです。

今回は、フリーランスと自営業・個人事業主との違いや、フリーランスの職種・仕事内容、向いている方の特徴についてご紹介させていただきます。フリーランスに興味がある・将来的にフリーランスとして働きたいと考えている方は、ぜひご一読ください。

 

 

フリーランスとは?

フリーランスとは、会社や組織に所属せず、個人で仕事の契約を結ぶ働き方を指します。クラウドサービスやシェアオフィスなど、フリーランスでも働きやすい環境が整っていることから、近年注目を浴びています。

フリーライターやフリーランスエンジニアなど、スキルや経験を活かした仕事をするのであれば、どの職業でもフリーランスと名乗れます。ただし、様々な仕事ができる反面、受注から納品まですべて自己責任になることが特徴です。

一説によると、ランスは槍という意味で、有力者に仕えた騎士をフリーランスと呼んでいたことから、フリーランスの呼び名が定着したとも言われています。

 

フリーランスと自営業・個人事業主との違い

フリーランスと自営業・個人事業主を混同している方も少なくないはず。フリーランスと自営業・個人事業主はそれぞれ別の意味を表します。これからフリーランスとして活躍したい、もしくは起業を意識している方は、違いをしっかり理解しておきましょう。

フリーランスは “働き方” を、自営業・個人事業主は “働く人” を指す

フリーランスとは、企業や団体に属さずに、個人として仕事を請け負う働き方のことを指します。

一方で自営業は、個人で事業をする人を指します。個人事業主は、開業届を出して法人格を持たない人のことです。自営業・個人事業主は法人に比べ、事業を維持するためのコストが安いことが特徴です。利益が発生しなければ、税金を支払わずに済むことも。

なお、法人とは、人間と同じように法律により権利や義務を認められた組織のことを指します。法人の場合、自営業・個人事業主と比べて社会的信用を得やすいため、銀行融資や人材確保などにも良い影響が出ます。フリーランスとして独立する場合、社会的信用についても目を向けておくと良いかもしれません。

フリーランスから法人化した場合、法人税・法人事業税・地方法人税・法人住民税を支払う必要があるのでご注意ください。

ここまで、フリーランスの定義と自営業・個人事業主との違いについて解説してきました。フリーランスにはどのような職種が存在するのか気になる方もいるはずなので、続いてはフリーランスの職種と仕事内容について紹介していきます。

 

フリーランスの職種と仕事内容

ここでは、フリーランスの職種と仕事内容を紹介します。

エンジニア

システムエンジニアとして働く場合、クライアントの要望に合わせたシステム構築をはじめ、企画や設計、システムの改善など、必要な業務が数多く存在します。

プログラマーは、システムエンジニアが設計したドキュメントを基にコードを書く職業です。コードを書き終えたら、プログラムの検証作業を実施する必要があります。

フリーランスとして活躍する場合、システムエンジニアとプログラマーのスキルが求められます。ただし、開発するシステムはクライアント次第です。依頼を受ける際は、クライアントの詳細を把握することを意識しましょう。

ライター

ライターは、記事やコラム、メールマガジンなどを執筆する職業です。新聞や雑誌、Webサイトなど、さまざまな媒体で活躍しています。クライアントのニーズに応えることはもちろん、取材で相手からうまく話を聞き出す力や、魅力的な文章が書ける文章力など、さまざまなスキルが求められます。

宣伝文ひとつで商品やサービスの売上が大きく左右されるため、文章力を常に向上させておくことが大切です。

フリーランスのライターは、執筆用のパソコンがあれば時間や場所を問わず働けるため、柔軟な働き方ができることが特徴でしょう。

編集者

編集者とは、雑誌や書籍などの作成を管理する職業です。作業工程や進行具合を理解するのはもちろん、効果的なプロモーションを行う能力が求められます。フリーランスとして活躍するためには、出版社などで編集者としての経験を積むと良いでしょう。

デザイナー

デザイナーは、商品やサービス、広告のデザインを手掛ける職業です。ユーザーが利用しやすいと感じる商品やWebサイトなどで、多くの方の興味を引くデザインを制作するスキルが求められます。

Webデザイナーをはじめ、グラフィックデザイナーやファッションデザイナーなど、様々な種類のデザイナーが存在します。

企業に所属したデザイナーであれば、その企業から依頼された案件しか制作できないため、興味があるジャンルを選ぶことは難しいですが、フリーランスデザイナーであれば、クライアントを選べることが大きなメリットと言えます。

イラストレーター

イラストレーターは、書籍やポスターなどにイラストを描く職業です。作品集を出したり、展示会を開いたりする方も。

会社員のイラストレーターであれば、仕事が用意されていますが、フリーランスのイラストレーターして活動するためには、イラストを描く技術や経験はもちろんのこと、仕事を獲得する営業力が必要です。さらに、フリーランスのイラストレーターとして活躍したいのであれば、イラストの個性や独自のセンスも欠かせないポイントと言えるでしょう。

カメラマン

カメラマンは、新聞や雑誌などで使う写真を撮影する職業です。ライターとカメラマンを兼任するケースも。撮影に関する知識と技術を身に付けるだけではなく、いかに自分をプロモーションするかがポイントです。

フリーのカメラマンとして活躍するには、TwitterやInstagramなどのSNSをうまく活用して、自分をプロモーションしていく必要があります。撮影した写真をInstagramに投稿すれば、写真の雰囲気やどのような被写体を撮影することが得意なのかを多くの方にアピールできるでしょう。

これまでカメラマンとして活動したことがない方であれば、プロのカメラマンに弟子入りして、撮影技術を磨いてからフリーランスとして活動することも選択肢の1つと言えます。

 

フリーランスに向いている人、向いていない人

働き方が多様化している中で、フリーランスに向いている人もいれば、向いていない人もいます。憧れだけでフリーランスになると、のちのち後悔する可能性もゼロではありません。ここではフリーランスに向いている人・向いていない人の特徴を知り、自分が向いているかどうかを判断してみましょう。

フリーランスに向いている人の特徴

フリーランスに向いている人の特徴として、以下が挙げられます。

  • 仕事とプライベートを切り替えられる
  • スケジュール管理能力に優れている
  • 金銭管理ができる
  • フットワークが軽い
  • 環境の変化に適応しやすい

仕事やプライベートの切り替えをうまくできることはもちろん、様々な仕事を取るためにはフットワークの軽さも重要です。また、スケジュール管理だけでなく、請求書や支払いなど、お金の管理も自分で行う必要があるので、自己管理に不安がないかどうかを踏まえ、フリーランスになるかどうかを判断しましょう。

フリーランスは性質上、仕事の環境が変化しやすい傾向にあります。フリーランスとして長年働いていくためには、変化した環境にいかに適応できるかが重要です。能動的に動く力も、フリーランスとして活躍するうえで求められます。

フリーランスに向いていない人の特徴

フリーランスに向いていない人の特徴として、以下が挙げられます。

  • コミュニケーションに自信がない
  • 交渉が苦手
  • セルフコントロールができない
  • 仕事に対する責任感がない
  • 安定した収入を求めている

フリーランスは仕事を自分で獲得しなければならないため、コミュニケーション能力や交渉するためのスキルが必要です。場合によっては、思いもよらない契約を結ばされる可能性も十分に考えられます。納得のいく仕事をするためにも、取引先とのコミュニケーション能力と交渉術を身に付けなければなりません

スケジュールや体力などのセルフコントロールができない、もしくは自信がない場合、フリーランスを続けられないことも。納期や取引先とのルールを守れる自信がない方もフリーランスに向いてないでしょう。

また、フリーランスになると、収入が安定しない時期が続く可能性があります。安定した収入を求めている方は、正社員として働くことをおすすめします。

 

フリーランスになるための必要な準備や手続き

フリーランスとしての働き方を選択するなら、以下のような手続きを済ませる必要があります。

  • 健康保険
  • 国民年金
  • 開業届
  • 青色申告承認申請書

健康保険の手続きが遅れてしまうと、医療費が全額負担になってしまいます。また、厚生年金から国民年金に変更する際、住んでいる地域の国民年金担当相談窓口に自ら届けなければなりません。

開業初年度から確定申告を青色申告で済ませるためには、開業の2ヵ月以内に納税地の所轄税務署に「青色申告承認申請書」を提出しましょう。確定申告には「白色申告」と「青色申告」があり、「青色申告」は、最大65万円(条件により55万円)の控除を受けられる申告制度のことです。

手続きをスムーズに進めるためには、スケジュールをしっかり管理することが大切です。余裕を持って行動することも、フリーランスに求められるスキルの1つと言えます。

 

フリーランスになって自分のスキルと経験を活かそう

フリーランスになると、正社員で働いていたとき以上に責任やスケジュール管理能力が求められます。その分、様々なクライアントから依頼を受けられるチャンスがあったり、企業に属していないことで自分の時間が増えたりするなどのメリットも。フリーランスになりたい方は、フリーランスの仕事内容や向いている人の特徴を理解し、自分が向いているかどうか一度検討してみると良いでしょう。

フリーランスとして安定した収入を得るためには、スキルと経験を積むことが最も重要です。フリーランスになってから苦労しないためにも、日頃から仕事に必要なスキルを磨き続けておくことをおすすめします。

 

 

フリーランスとして需要がある職種や、仕事を獲得する方法を知りたい方はこちら!

 

 

執筆者 野本一貴

フリーランスの英日翻訳者、Webライターとして活動中。得意なジャンルは投資、クレジットカード、インバウンドなど。丁寧な翻訳、わかりやすいライティングを心がけています。

コラムカテゴリの最新記事